田川亨介(ロイター/アフロ)

写真拡大

72分、鈴木武蔵に代わって初招集された田川亨介がピッチに立った。試合前日、「思い切ってやるだけです。自分は走ります」と語っていたとおり、縦の上下動を繰り返したが、それだけではなく転ばされながらも何度もポストプレーも見せた。

田川本人はこんなに早く出番が来るとは思っていなかったかもしれない。釜山に来た初日、「チャンスをもらえるかどうかも、正直どうかというところからのスタート」と緊張した面持ちで語っていたのだ。

「今、自分のやれることを出して、またそこで課題が見つかれば、課題を見つけてもらったりだったり自分で感じたりするところをやりたいという思いです」と弱気とも取れる発言もあった。しかし、出番はすぐに来た。

試合後、田川は明るく現れた。安堵が表情に表れている。

「楽しかったですね。あまりいつもと変わりなく、平常心でピッチに入れました」

「監督からは守備の部分や、カウンターに行けるだろうからそこを狙って行けということを言われました。コンビネーションが合わなかったは仕方がない部分もあるし、練習すれば会ってくる部分もあると思います」

そう自信を見せつつも、すぐに反省の言葉が続く。

「入りとしては悪くなかったと思いますが、もうちょっとスピードを生かしたプレーを出したかったとは思います。それから守備のところでスッキリさせてから次は出たいと思います」

確かにスピードを生かした突破はなかった。得点も決めていない。守備にも課題が見えた。それでも20歳がこのピッチに立てたことは今後に大きないい影響を与えてくれそうだ。【取材・文:森雅史/日本蹴球合同会社 写真:ロイター/アフロ】