千原せいじ

写真拡大

 元AV女優ら2人の女性との新たな不倫が発覚した、お笑いコンビ「千原兄弟」の兄・千原せいじ(49)が夫人にも詰められ、猛省の日々を送っている。

 週刊文春の報道により発覚したのは、今年5月に破局した30代ハーフ美女と、40代元AV女優との2つの不倫。本紙の取材によると、同誌の直撃取材を受けたせいじは2日前に夫人に詳細を報告。淡々と静かなトーンで2時間にわたり説教されたという。

 せいじは起床すると報道番組などをチェックするのが習慣で、14日朝もリビングでテレビをザッピングしていたところ、夫人から「お前、きょうは1日ワイドショーやろ」と不倫騒動を取り上げるであろうワイドショーチェックを義務づけられたという。

 せいじは5月にも不倫を報じられ「カレーライスばかりじゃなくたまにはハヤシライスも食べたくなる」と“迷言”を連発。再び問題行動を起こしたことに16歳の長男からも「お前、もう知らんわ」と呆れられたという。

 せいじは、この日、所属事務所の吉本興業東京本部で経緯などを説明。離婚問題には発展しないとみられるが「ほんまにオレしょうもないわ、オレしょうもないわ」とうなだれていたという。弟の千原ジュニア(45)から“日本一残念な兄”と呼ばれるせいじ。自宅にも居場所はないとみられ、当分の間、針のむしろ状態は続きそうだ。