夫の不倫発覚、きっかけはドライブレコーダー。イチャつき会話の音源が…
 最近問題になっているあおり運転の影響で、車にドライブレコーダーをつけたという人も多いのではないでしょうか?

 今回は、ドライブレコーダーがきっかけで夫の本性を知ってしまった女性のお話をご紹介しましょう。

◆友人夫妻の車を借りて一人ドライブに行く夫

 永田美奈代さん(仮名・34歳・飲食店パート)は、夫(Kさん・37歳・会社員)と結婚して5年目になります。

「Kとは友達の紹介で知り合って、物静かで優しいところに惹かれ、1年間のお付き合いを経て結婚したんですよ」

 美奈代さんにKさんを紹介してくれたN夫妻とは、今でも家族ぐるみの付き合いを続けているそう。

「春は一緒にお花見に行ったり、夏はバーベキューをしたりして、とても仲が良いんですよ。N夫妻の娘のEちゃん(4歳)も、めちゃくちゃ私達になついていますし」

 そして夫のKさんは、たまにN夫妻の車を借りて1人でドライブに行くのだとか。

「たまに私の事も連れて行ってくれるのですが…無趣味で物静かな夫の唯一のストレス解消なのかな?と思い、1人で行っておいで、と送り出していたんですよ」

 するとある日、N夫妻の妻の方のY子さんから呼び出された美奈代さん。

「ランチに誘われてN夫妻のお宅にお邪魔したのですが、なんだかY子さんの様子が変で…妙な胸騒ぎがしました」

◆夫の不倫を知らされ生々しい証拠音源も

 深刻な表情のY子さんから「あのね、知りたくないかもしれないけど…Kさん不倫してるよ」と切り出された美奈代さん。

「“えっ?”って一瞬頭の中が真っ白になりました。いったいどういう事?と何がなんだか分からなくて」

 Y子さんに話を聞くと、夫のKさんに車を貸した後でドライブレコーダーをチェックしてみたら、Kさんと女性の会話が録音されていたそう。

「さっそくその会話を聞かせてもらったのですが…とてもショックでしたね。生々し過ぎて、かなりのダメージを受けてしまいました」

 いつも大人しくて寡黙(かもく)なKさんが、はしゃいだ声で「ほら、赤信号で止まる度にチューしようよ」と言ったり「今日はどんなブラジャー?ちょっとだけTシャツめくって見せてみて」などと女性とイチャついている音声が絶え間なく続き、耐えられなくなり途中で消す美奈代さん。

「その楽しそうな声が、私の知っているKとはまるで別人みたいで恐ろしくなりました。同時に友達に借りた車の中でこんな事するなんて信じられないと思い、Y子さんに謝っていたら涙が止まらなくなってきて…」

◆夫に事実を告げると連絡が取れなくなった

 もう、半ばヤケクソの美奈代さんは「この間のドライブ、女性と行ってたんだね。ドラレコで音声聞きました。帰ってきたら話し合いましょう」と夫にLINEしたそう。

「すると、Kに既読スルーされたので電話してみたのですが出なくて…結局何の連絡も無いまま、その日は帰って来なかったんですよ」

 翌日、美奈子さんがパートから帰ってくると、夫が帰ってきた痕跡がありました。

「着替えや身の回りの物を持っていったみたいで。Kは営業をしているので私のいないスキに帰ってきたんだなと思いました」

 それから数日後、ようやくKさんと連絡が取れ話し合いをした美奈子さん。

◆「友人夫妻に会えない」と落ち込む夫

 夫は行きつけのガールズバーで知り合った22歳の女性と不倫していると認めました。

「彼女とは別れると言って謝ってくれましたが…ちょっと許す気にはなれなかったですね。そして、もうN夫妻には会えないな、申し訳ない事をしたと落ち込んでいたので『Kに落ち込む資格なんてないでしょ』と言ってやりました」

 とりあえず、別居して様子を見てみる事にした美奈代さんとKさん。

「もう正直、私達の仲は終わっていると思いますが…なんだか疲れてしまって。しばらく別居してパワーを貯めてから離婚の準備に取り掛かりたいと思います。
 でも、Kの本性を知る事ができて良かったかもしれません…別れるなら早い方がいいですからね」とため息をつく美奈代さんなのでした。

<文&イラスト/鈴木詩子>

【鈴木詩子】
漫画家。『アックス』や奥様向け実話漫画誌を中心に活動中。好きなプロレスラーは棚橋弘至。著書『女ヒエラルキー底辺少女』(青林工藝舎)が映画化。