『西郷どん』は出演者も豪華

写真拡大

 白無垢姿と透き通るまでに白い肌──。NHK大河ドラマ『西郷どん』で、西郷吉之助(鈴木亮平)の最初の妻・伊集院須賀として登場した橋本愛(22)の美しさは鮮烈な印象を残している。

 かつて朝ドラ『あまちゃん』(2013年)のユイちゃん役でも美少女ぶりは評判となったが、今回はさらに難しい役どころ。感情表現が苦手で、常に仏頂面。それでも温かく迎えてくれる西郷家に溶け込むべく、何とか笑顔を見せようと頑張るものの顔は引きつっていくばかり……。

「こげな愛想のなか嫁ですんもはん(すみません)」

 そう頭を下げる姿からは心根の優しさと芯の強さが垣間見えた。大河初挑戦とは思えない堂々たる演技。テレビ雑誌の記者も驚く。

「『あまちゃん』では、アイドルとして成長していくヒロイン・アキを複雑な思いで見つめる親友を見事に演じきり、“これで10代なのか”と目を見張りました。あれから5年近く経ち、演技力にはさらに磨きがかかっている。薩摩弁も自然に聞こえたし、“無愛想”という役柄のなか、わずかな仕草や表情の変化で巧みに感情を表わしていた。女優としてひとつ上のステージに登った印象です」

 もう少し見ていたいハマり役だったが、登場はわずか2回で終わる。25日放送では吉之助に自ら離縁を突きつける。不自然に少ない登場にはNHKの事情もあるという。

「橋本さんは、来年スタートの次の大河『いだてん〜東京オリムピック噺〜』で重要な役どころとなる浅草の遊女・小梅を演じることが決まっている。彼女をスターダムに押し上げた宮藤官九郎さんの脚本だけに力が入っていると聞いています。そもそも2年連続の大河出演は異例中の異例。そのため『西郷どん』ではあまり出番がない役となったようです。

 彼女自身はすでに次の大河に向けやる気マンマンで遊女役ということもあり、“出番が多いなら濡れ場だってやる”とまで言っているそうです」(NHK関係者)

 ここ数年、映画を中心に活動し、テレビで姿を見ることが少なかった橋本。どうやら一回り大きくなって帰ってきたようだ。

※週刊ポスト2018年3月9日号