ビックリするほど立体的で小顔になれる「眉の描きかた」

写真拡大

外国人の凹凸のある顔立ちって憧れますよね。顔に立体感を出すコツは、眉を立体的にすることが重要。

そこで今回は、日本人独特ののっぺりした顔立ちを、外人風の立体的な顔立ちに変えられる眉の描きかたをご紹介します。

眉毛に長短をつける

眉の上半分の毛を長めに残し、下半分の毛を気持ち短めにカット。眉毛をわざと不揃いに整えることで、眉がのっぺりせず立体的に仕上がります。

眉色に濃淡をつける

まず、いつもどおりに眉を描きます。その後、眉の中心部分だけ濃い色のアイブロウパウダーを重ねてぬります。眉色に濃淡をつけて立体感を演出する方法です。最近流行りの太眉を描くときなどにはとくにおすすめ。

眉毛を立たせる

毛流れを横に整えてしまうと、眉全体がペタっとしてしまいます。逆毛を立てるように眉尻方向から毛流れを整えたり、横ではなく上方向に向かって毛流れを整えると、眉毛が1本1本立ち上がり、立体的になります。眉マスカラをぬるときに意識してみて。

リキッドアイライナーで眉を作りこむ

眉毛自体が薄かったり、抜きすぎで眉が生えていない場合は、ブラウンやグレーのリキッドアイライナーを使って、眉毛を1本1本描き足します。まずはパウダーで全体的に眉を描き、毛がない部分をリキッドライナーで埋めるようにすると自然な立体感が生まれます。


眉を立体的にすると、目元全体や鼻筋に立体感が出て、キュっと締まった印象に。凹凸感と小顔効果まで期待できちゃいますよ〜。

woman image via Shutterstock