女性警視を同僚が「ちゃん」付け セクハラによる疾患で公務災害認定

ざっくり言うと

  • 警察庁に勤務する40歳代の女性警視が、公務災害として認定されていた
  • 元同僚の男性警視のセクハラを受けて精神疾患になったと主張していた
  • 「ちゃん」付けで呼ばれたり、酒席や職場で卑わいな言動があったという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング