不倫疑惑で離婚も、親権は秋元アナに

写真拡大

 真夜中の竹林、停車中のワンボックスカー、後部座席の男女、激しく軋むサスペンション──フジテレビの秋元優里アナ(34才)の“竹林不倫”疑惑が報じられてから3か月。この4月に生田竜聖アナ(29才)との離婚が成立した。

「あれ以来、秋元さんは担当番組を外れ、表舞台には立っていません。今は新人アナがするようなスポンサー名を読み上げるナレーションなど裏方仕事をしているようです。時間を持て余してるんでしょうか、会社の自分のデスクでネットサーフィンをしている姿もよく見ます。一方の生田さんは担当番組に淡々と出演していますが、心なしか、表情は陰って見えますね」(フジテレビ関係者)

 秋元は、決定的な“竹林現場”を報じられる1年以上前の2016年11月にも、同じ相手(フジテレビの既婚プロデューサー)とのW不倫疑惑を報じられている。その当時はすでに生田とは別居中だったという。

「離婚までに時間がかかったのは、今年で5才になる娘の親権を争っていたからです。日本では子供が10才ぐらいになるまでは、『母性優先の原則』があるので、母親が親権者になるのが一般的ですが、“離婚の原因は秋元さんの不貞だ”と生田さん側が主張して、かなり揉めたそうです。しかし、秋元さんは不倫を否定しているし、決定的な証拠もないので、結局、親権は秋元さんが持つことになりました。離婚の原因になったサイドが慰謝料を払うケースも多いですが、今回はそれもなし。ほかの離婚条件も生田さんと子供の面会くらいだそうです」(生田アナの知人)

 秋元が引き取ることになった子供は、生田家にとっては目に入れても痛くない初孫だ。それゆえ、今回の事態には怒り心頭だという。

「生田さんは保育園へのお迎えから子供の食事作りなどかなりのイクメンでしたし、子供もなついていました。それを知っているだけに、ご両親は怒りが収まらないでしょう」(前出・生田アナの知人)

 今回、離婚が成立して名実ともに別の暮らしをするようになった2人だが、今後も同じ職場の同僚だ。

「社内で聞こえてくるのは、生田アナへの同情論ばかりです。周囲も気を使って、2人が顔を合わせないように、勤務時間をずらしているそうです」(前出・フジテレビ関係者)

 現在、秋元は昼出社の夜退社、生田は早朝出社で昼退社で、勤務時間は微妙にズレているが、デスクは共にアナウンス室にあるので、まったく顔を合わせないわけにはいかない。

「すぐに秋元さんが総務部に異動するという話もありましたが、今は6月の定期異動で他部署に異動する方向で調整中だそうです」(前出・フジテレビ関係者)

 仕事は開店休業状態で、周囲は元夫に同情的となると秋元は針のムシロだが、横浜にある実家を頼りつつ、仕事はこれまで通り続けるようだ。

「子供を育てる経済力があるということも、秋元さんが親権を取れた理由の1つです。だから、どこへ異動になっても絶対に会社は辞めないそうです」(前出・フジテレビ関係者)

※女性セブン2018年5月24日号