侮辱された銃規制運動の高校生、TV司会者に反撃 スポンサー続々撤退

ざっくり言うと

  • アメリカの人気番組の司会者が、銃規制運動の高校生をTwitterで攻撃した
  • 高校生はTwitterで番組スポンサーの社名をあげ、広告中止を求めようと投稿
  • その後、スポンサーは続々と撤退し、半数以上の20社にも及んだという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング