40億ドル超の資金洗浄でロシア人逮捕、マウントゴックス破綻にも関与

写真拡大

[ニューヨーク/アテネ/モスクワ 26日 ロイター] - 米検察当局は26日、40億ドル以上のマネーロンダリング(資金洗浄)に関与したとして、ビットコイン取引所の運営者でロシア人の男を起訴したことを明らかにした。

起訴されたのはビットコイン取引所「BTC─e」の運営者とされるアレクサンダー・ビニック容疑者(38)で、ギリシャ北部の村で逮捕された。

米当局は、ビニック容疑者は東京のビットコイン取引所「マウントゴックス」の破綻にも関連したとみている。ハッキングによりマウントゴックスから資金を「入手」し、BTC─eと自身がもつ別の取引所を通じて資金洗浄した疑い。

BTC─eは「技術的な問題」で1日以上取引が停止されている。ビニック容疑者の逮捕後、5─10日以内にサービスを再開するとのツイートを掲載した。BTC─eは、今回の逮捕報道まで運営者に関する情報は明らかになっていなかった。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください。)