先天性の骨の疾患により、4歳の時、右脚の切断を余儀なくされた女性がいる。

しかし、たとえ片方の足を失っても、自由な精神とユーモアを失うことはなかった。

大学を卒業したばかりの、米フィラデルフィアに住む女性は6月、卒業旅行でヨーロッパを訪れた。

その際、旅のお供である義足に工夫を凝らし撮影した写真を、「devgal」の名で海外版掲示板Redditにて公開している。

■オーストリア・ウィーンにて

devgal/Reddit

ご覧のとおり、写真がどこで撮られたものであるかは一目瞭然。

彼女は義足を黒板風に加工し、訪ねた場所を記してカメラに収めている。

投稿にはこう綴っていた。

黒板風の足とともに旅に出ました。

旅はこれから。

■デンマーク・コペンハーゲン

devgal/Reddit

■チェコ・プラハ

devgal/Reddit

■スウェーデン・ストックホルム

devgal/Reddit

一見似ているように見えるヨーロッパ各国の路地。

でも、これならどこの街であるのかは明らかだ。

■アイルランド・モハーの断崖

devgal/Reddit

■同じ海でも、こちらはエーゲ海に浮かぶサントリーニ島

devgal/Reddit

彼女は、旅先でも活動的に動き回っている。

■オランダ・アムステルダム

devgal/Reddit

時には義足をはずしたり。

■ベルギー・ブリュッセル

devgal/Reddit

■ドイツ・ミュンヘン

devgal/Reddit

他の人に持ってもらったり。

■アイルランド・ダブリンのパブにて

devgal/Reddit

最後は、「ただいま!無事に帰ってきました」ということで、

■アメリカ・フィラデルフィア

devgal/Reddit

同投稿は8万5000ポイント以上を獲得し、寄せられたコメントの数も3000件を超えている。

コメント欄では、旅先で偶然出会った人との思い出話に花が咲いており、楽しかった旅の様子が伝わってくる。