旅の目的にしたい イベント・祭り・フェス 短冊や風船、キャンドルに願いをのせる「安城七夕まつり」へ

写真拡大



365日の中で、この日だけしか見られない景色、会えない人、体験できないことが日本中にはたくさん。旅の目的にする価値のある、イベントやお祭り、フェスをご紹介。

◆天まで届け! 100万人以上が訪れる「願いごと、日本一。」の七夕まつり


今年も夏の風物詩である「安城七夕まつり」が8月4日(金)から6日(日)に開催される。「願いごと、日本一。」をコンセプトにしたこの祭りには、毎年100万人以上が訪れるそう。愛知県安城市のJR安城駅の周辺が七夕一色に染まる3日間は、ぜひ体験してみたいもの。
いちばんのお目当ては、「願いごと、日本一。」にちなんだ、願いごとに関する数多くのイベント。願いをつづった約3000個の風船が一斉に空へと高く舞い上がる「願いごとふうせん」や、ギネス世界記録にも認定されたことがある「願いごと短冊」、キャンドルに願いごとを巻きつけて飾る「願いごとキャンドル」、そして書かれた願いごとが大型スクリーンに映し出される今年初登場の「願いごとスクリーン」など、美しい景色を楽しみながら願いごとを届けることができる。



会場のひとつである安城七夕神社をイメージした小説、「神様の願いごと」とのコラボレーションも見どころのひとつ。最近話題となっているこの小説は、安城出身・在住の小説家・沖田円(おきたえん)さんの作品で、表紙イラストが安城七夕まつりの公式ポスターにも起用されている。イラストに描かれた「笹の参道」が実際に登場し、願いごとが書かれた短冊が飾られるそう。小説の世界とリンクしたような雰囲気を味わいながら、ライトアップされた笹の参道を散策しよう。また、現地に足を運べなくても、小説に入っている裏面が短冊となったハガキに願いごとを記入して、出版元のスターツ出版へ送れば、笹の参道に飾ってくれるという嬉しい企画も。



竹飾りが通りを涼しげに彩る、ムードたっぷりの会場は訪れるだけでテンションもアップ。約1000本もの竹飾りは、ユニークなデザインや動きのある仕掛けが施されたものや、夜になると電飾が点灯されるなど、いろいろな表情を楽しむことができる。また、にぎやかな会場のムードとは少し違った風情あふれる雰囲気を楽しむなら、竹飾りの竹を使った灯籠が並ぶ安城七夕神社へ。温かな灯りがゆらめく参道で、夏のひとときを過ごそう。



七夕まつりをいっそう盛り上げるのが、ご当地キャラやアイドルが登場するフェスティバルやマーチング、ダンスのパレード。なかでも、夏の夜に欠かせない「大盆踊り大会」は誰でも参加できるので、みんなで一緒に踊って納涼をすれば、旅のいい思い出に。
七夕まつり会場内に地元の14店舗が出店する『安城「イシオシ」グルめぐり』も外せない。名古屋コーチンを使用したラーメンや地元素材を使った手作りハムやソーセージ、安城の地ビールなど、地元で愛されるグルメをたっぷりと味わって。

フォトジェニックな会場やお楽しみいっぱいのイベント、おいしい地元グルメを楽しめる3日間。願いごとを届けに、安城へ旅に出かけよう。



開催日/2017年8月4日(金)〜6日(日)
開催場所/JR安城駅〜名鉄南安城駅一帯
TEL. 0566-76-5175(安城七夕まつり協賛会<安城商工会議所内>)
アクセス/JR安城駅、名鉄南安城駅よりすぐ

<各イベント詳細>
■笹の参道
日程/2017年8月4日(金)15:00〜21:00、5日(土)・6日(日)10:00〜21:00
会場・短冊配布/安城七夕神社
※現地に行けなくても、小説「神様の願いごと」に入っている裏面が短冊となったハガキに願いごとを記入してスターツ出版へ送ると、笹の参道へと飾られます
■願いごとキャンドル
日程/受付:2017年8月4日(金)15:00〜21:00、5日(土)15:00〜19:00、展示:5日(土)19:00〜21:00
会場・受付/安城七夕神社
■願いごとふうせん
日程/受付:4日(金)終日〜5日(土)15:00、一斉飛ばし:5日(土)17:45〜18:00
会場/受付・一斉飛ばし:願いごと広場(中心市街地拠点施設「アンフォーレ」)
■竹灯籠
日程/2017年8月 5日(土)・6日(日)19:00〜21:00
会場/安城七夕神社参道
■大盆踊り大会
日程/2017年8月 5日(土)18:00〜20:00、6日(日)18:30〜20:30
会場/願いごと広場(中心市街地拠点施設「アンフォーレ」)

WRITING/NOZOMI SUZUKI