13日放送の「櫻井・有吉 THE夜会」(TBS系)で、お笑いコンビ・ANZEN漫才みやぞんが、有吉弘行をめぐって天然キャラぶりを炸裂させた。

番組では、女優の深田恭子が登場し「大好きなみやぞんさんに、私だけのオリジナルソングを作って欲しい」と熱望が明かされる。

みやぞんは、海外ロケのためスタジオには登場せず、VTRで制作過程が紹介された。しかしその中で、みやぞんらしい天然ぶりを炸裂させたのだ。

VTRの中で、みやぞんは同番組に関する無知が露呈してしまったばかりではなく、櫻井翔を別人の名前で理解してしまっていた。

また、スタッフが有吉の名前を出すと、「有吉さんて、あのドロンズ…じゃなくてごめんなさい! 『白い雲のように』の方でいいですか?」と確認した。どうやら、みやぞんはバラエティー番組「進め!電波少年」(日本テレビ系)で、有吉らの後任を務めたお笑いコンビ・ドロンズと勘違いしてしまったよう。

みやぞんの天然ぶりでスタジオは爆笑に包まれていた。

【関連記事】
ANZEN漫才・みやぞんがいつも笑顔でいる理由…ジャッキー・チェンが影響
みやぞんの身体に驚愕の事実「一流アスリートの素質が脳に備わっている」
ANZEN漫才・みやぞん プレゼントをあげたバイト先の工場長が激怒したワケ