“Fワード帽騒動”渦中の元AKB48・大島優子が、近く渡航することを報告した。

 大島は、2日に仙台市内で開催したファンミーティングで「準備ができたから、人生チャレンジということで、海外に行く」とファンに報告。複数の報道によれば、所属事務所の太田プロダクションは「渡航は本人の希望」とこれを認めたものの、時期や場所についてはノーコメント。芸能活動は一時休業となるが、「仕事が入ったら、途中で帰ってくる可能性もある」と早期復帰の可能性も示唆している。

 これに、ネット上では「干されたのか」「逃亡先があってよかったね」「帽子のほとぼり冷ますだけだろ」「仕事が入ったら戻るってことは、今は開店休業状態ってこと?」といった声が見受けられる。

 大島といえば先月17日、自身のインスタグラムに自撮り動画を投稿。Fワードが書かれた帽子を被り、結婚発表したNMB48・須藤凜々花への嫌味を繰り返した。この下品な行為に批判が相次ぎ、大島は19日に自身のTwitterで謝罪。しかし、大島へのバッシングは、しばらく収まりそうにない。

「AKB48初期メンバーは、卒業後に“留学”や“充電”などと称して渡米するのがお決まりとなっていますから、大島もその類いでしょう。元AKB48・篠田麻里子も、4月に単身ニューヨークに渡り、『朝は語学学校行き夕方はvoice training夜は毎日ブロードウェイミュージカル観劇して一日中歩き回ってた』(原文ママ)とインスタグラムで報告していました」(芸能記者)

 大島といえば、昨年7月、元AKB48・前田敦子と共にニューヨークに2週間滞在。ショッピングや観劇を楽しむ姿をインスタグラムで公開していた。

「大島側は今回、『仕事が入れば早期復帰もありえる』とのことですが、いつもの海外旅行と何が違うのかは不明。すぐに戻ってきた場合、『騒動から逃げただけ』と言われそう」(同)

 騒動の影響でイメージが地に落ちてしまった大島。ネット上では、「日本に戻ってきても、仕事ないのでは?」との声も目立つ。

「大島といえば、人前で裸になることに躊躇がないことで有名。AKB48卒業後に出した写真集『脱ぎやがれ!』(幻冬舎)での手ブラヌードが話題となりましたが、本人は乳首を出すことも厭わなさそう。“禊フルヌード”での復帰も十分ありえます」(同)

 騒動から逃げるかのようなタイミングで渡航を発表した大島。“脱げる女優”になって戻ってくれば、オファー殺到かもしれないが、くれぐれも海外であの帽子を被らないよう、注意してもらいたいところだ。