3日、シンガポール華字紙・聯合早報は2日に行われた東京都議会議員選挙で自民党が惨敗したことについて、日本国民の安倍晋三首相に対する不満が浮き彫りになったと伝えた。資料写真。

写真拡大

2017年7月3日、シンガポール華字紙・聯合早報は2日に行われた東京都議会議員選挙で自民党が惨敗したことについて、日本国民の安倍晋三首相に対する不満が浮き彫りになったと伝えた。

都議会議員選挙は42の選挙区で259人が127の議席をめぐって戦いを繰り広げた。結果は小池百合子東京都知事率いる都民ファーストの会が選挙前の6議席から55議席まで増やす一方で、議会第一党だった自民党は57議席から23議席と大幅に議席を減らした。

記事は、自民党が「背水の陣」で迎えた2日の選挙は惨敗に終わったとし、選挙を指揮してきた下村博文幹事長代行が「選挙戦中に国政で多くの問題が起き、逆風が吹いた。深く反省したい」とコメントしたことを紹介。「国政問題」について、加計学園の獣医学部新設問題、稲田朋美防衛相の応援演説における「防衛省、自衛隊としてもお願いしたい」発言を挙げて説明した。

そして「この結果で、『安倍一強』に対する日本の市民の不満が浮き彫りになった。都議会議員選挙は国政選挙の前哨戦とされており、安倍政権の強硬的な政策推進にブレーキがかかるとみられる」と説明。また、連立政権を組む公明党が小池知事側との協力を選んだことで、国政での公明党の「心変わり」を懸念する安倍首相が強硬的な主張を通しづらくなるとの分析を伝えた。

記事は、安倍首相が2日の大勢判明後に自民党惨敗に対するコメントを発表しなかった一方で、党幹部を集めて今後の政局について協議したとの情報が流れたこと、今回の結果について自民党内部からも厳しい声が出ていることを併せて紹介している。(翻訳・編集/川尻)