日本の人気SFアニメ『カウボーイビバップ』に関して、米国で実写テレビシリーズの企画が進行していることが明らかになりました。Deadline Hollywoodなどが伝えています。

Tomorrow Studiosが英製作会社のITV Studiosと共同で製作を手掛け、人気ドラマ『プリズン・ブレイク』のテレビプロデューサーであるマーティ・アデルスタイン、オリジナル版を製作したサンライズなどが製作総指揮に名を連ねています。脚本には、映画『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』や映画『マイティ・ソー/バトルロイヤル』のクリストファー・ヨスト。

『カウボーイビバップ』は、2071年の火星を中心とした太陽系を舞台に、賞金の掛かった犯罪者を追って宇宙を飛び回る、通称“カウボーイ”と呼ばれる賞金稼ぎたちの物語。テレビ東京系などで1998年4月から放送を開始し、その後WOWOWに放送局を移して全26話が放送されました。2001年には劇場作品『カウボーイビバップ 天国の扉』が公開されています。

アデルスタインは声明の中で、「サンライズと共に、この愛すべきアニメ作品を米国や世界中の人々に実写シリーズとして届けることができるのを嬉しく思う」「アニメ版は世界中で長らく視聴者の共感を得てきた。その人気は今でも続いており、ますます増大している。我々は、今度はこの実写版がとてつもない衝撃を与えると信じている」と、コメントしています。

なお、放送の開始時期については今のところ分かっていません。

ソース:http://deadline.com/2017/06/cowboy-bebop-anime-tv-series-live-action-remake-tomorrow-studios-midnight-radio-chris-yost-1202107884/
画像引用元:http://www.cowboy-bebop.net/