2位「家事ができると感じた」1位は?男性が”同棲“を決意するタイミングは?

写真拡大 (全2枚)

恋人との同棲……女性なら誰もが一度は憧れるのではないでしょうか。

大好きな彼に「同棲しよう」と言われたら嬉しいですよね。

今回は20代〜30代の独身男性を対象に『彼女に対して「この人となら同棲したい」と思う瞬間はどれですか?』とアンケートを実施。
気になる結果とその理由をランキング形式で発表します!

●第4位:金銭感覚が一緒だと感じたとき

『同棲は結婚前提にしたいと考えているので、今後一緒に生活していくことを考えたら金銭感覚は一緒の方が良いと思うからです』(25歳/サービス業)

『長い間一緒にいて一番大切なのは「価値観が一致しているか」だと思うから。金銭感覚も価値観の一つなので重視しています』(34歳/会社員)

『同棲すると、一緒に買うものや揃える物も増えていくと思うので。彼女の方が浪費家だったり極端に倹約家だと厳しいかなと……同じような金銭感覚を持っていてくれると一緒に暮らしていてもトラブルがなさそう』(27歳/販売)

第4位は「金銭感覚」となりました。
結婚生活のように生計を共にして、というほどではないかもしれませんが、一緒に暮らしていくのなら金銭感覚は大切にしたいですね。
片方が浪費家もしくは倹約家だと、ストレスが溜まる原因 にもなりかねません。

同じ「お金への価値観」を持つことで、トラブルも少ない同棲生活を送れそうです。

●第3位:性格の相性が良いと感じたとき

『やはり性格の相性ががいいほうがいいです。性格があわないと生活しても大変です。家事ができないとかは後々なんとかなりますが、性格はどうにもなりませんので、重視しています』(31歳/会社員)

『性格の相性が良ければ、何かあっても乗り越えられそうだし、毎日一緒にいるだけで楽しめそうだからです』(25歳/事務)

『同棲をきっかけに今後も一緒に暮らして行くことを考えると、性格の相性の不一致があっては交際関係は続かないと思うから。そもそもお互いがわかり合っていないと関係は続かない、息苦しいだけだと思う』(24歳/営業)

続いて第3位は「性格の相性」。
同棲するということはそれだけ一緒にいる時間も増えることになります。

普段から喧嘩やトラブルが絶えない人とは一緒に暮らしたいとは思いずらいのではないでしょうか。
性格の相性が良く、お互いのことを理解し合える関係 だと、「同棲したい」と考えるきっかけにもなるようです。

●第2位:家事ができると感じたとき

『やはり生活力のある女性のほうが一緒にいて楽しいし、二人でやれるのであれば、お互いの負担も減ると思うからです』(30歳/整体師)

『料理や掃除などができる人であれば他の部分もきちんとしていそうだから。家庭的な面を見ると、安心して一緒に暮らせるなと思います』(24歳/家庭教師)

『昔から男の胃袋を握ればこっちのものというのは、正しいと思います。料理が上手いだけでどんな女性も可愛く見えてきます』(32歳/トラックドライバー)

今の時代は男性でも家事をこなせる方も多いですよね。
回答の中には「二人で家事ができたら互いの負担も減らせる」といったものもありました。

料理や家事ができると「家庭的」 な印象を持ちます。
安心して生活を共にできると感じるようです。

でも、今の時代はそれだけではなくて「協力して家事ができるか」や「生活力」も男性が同棲を考えるポイントになるのかもしれませんね。

●第1位:生活習慣が似ていると感じたとき

『一緒に住むとなって一番気になるのが生活習慣の違いなので……自分が夜型なので、向こうが朝型で早めに活動するタイプだと合わないと思ってしまいます』(32歳/スポーツトレーナー)

『同棲するならお互いの生活リズムが似ていないと厳しいと思う。最初は理解できても、徐々にすれ違いが増えていきそう……』(33歳/販売員)