映画『ちょっと今から仕事やめてくる』福士蒼汰主演、人気小説を実写化 - 黒木華、工藤阿須加ら出演

写真拡大

映画『ちょっと今から仕事やめてくる』が、2017年5月27日(土)に全国の劇場で公開される。

原作は、第21回電撃小説大賞<メディアワークス文庫賞>受賞、発行部数50万部を突破している北川恵海による同名の小説。ブラック企業にこき使われ精神的に追い詰められていた青山隆と、爽やかな笑顔でその彼を何かと助ける謎の男・ヤマモトをめぐるヒューマンドラマだ。

本作の主演で、最大の魅力である謎の男・ヤマモトを演じるのは、2011年俳優デビュー後、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」で一躍全国区となり、数々のドラマや映画で活躍している福士蒼汰。爽やかな笑顔で、社会に疲弊する若者の人生を絶望から希望へと導いていく。

また、就職した会社の厳しいノルマとパワハラに心身ともに疲弊した若者・青山 隆役に、注目の若手俳優・工藤阿須加。そして営業部のエースで、隆の職場での先輩である五十嵐 美紀役を、ドラマ「重版出来!」では初の連ドラ主演を務めるなど、今最も勢いに乗る女優の一人、黒木華が務める。

ほかにも、謎の男ヤマモトの過去を知る人物・大場 玲子役の小池栄子や、疲弊する若者・青山を容赦なく追い詰める部長・山上役の吉田鋼太郎ら実力派俳優が脇を固める。

監督・脚本は、『八日目の蝉』で第38回日本アカデミー賞最優秀監督賞、最優秀作品賞を受賞し、『ソロモンの偽証 前篇・事件/後篇・裁判』でも高い評価を受けた成島出。原作とは異なるクライマックスが用意されているという本作で、社会でもがいている若者、そしてその親たちに贈る“希望”の物語を描き出す。

主題歌は、コブクロの小渕健太郎が映画を見て書き下ろした楽曲「心」。コブクロとして、オーケストラだけで歌うのは初の試みである。サラリーマン時代の記憶をリアルに思い出し制作された、映画とリンクする楽曲にも注目だ。

【作品情報】
映画『ちょっと今から仕事やめてくる』
公開日:2017年5月27日(土)
キャスト:福士蒼汰、工藤阿須加、黒木華、小池栄子、吉田鋼太郎ほか
監督・脚本:成島出
原作:北川恵海「ちょっと今から仕事やめてくる」
©2017『ちょっと今から仕事やめてくる』製作委員会

【あらすじ】
仕事のノルマが厳しく、精神的に追い詰められていた青山隆(工藤阿須加)。疲労のあまり隆が駅で意識を失い倒れるところに、電車が来てはねられそうになってしまう。すんでのところで隆を救ったのは幼馴染みと名乗る男だったが、隆には彼の記憶がまったく無い。大阪弁でいつでも爽やかな笑顔をみせる謎の男、ヤマモト(福士蒼汰)と出会ってからというもの、隆は本来の明るさを取り戻し仕事の成績も次第に上がってゆく。そんなある日、隆はヤマモトが深刻な表情で墓地行きのバスに乗車するところを見かける。
不審に思った隆がヤマモトについて調べてゆくと、何とヤマモトは3年前に自殺していたことが分かる。それではヤマモトと名乗る、あの男は一体何者なのか?その真実が明らかとなるラストに、誰もが涙する感動の物語。


[写真付きで読む]映画『ちょっと今から仕事やめてくる』福士蒼汰主演、人気小説を実写化 - 黒木華、工藤阿須加ら出演

外部サイト

  • 映画『フィフティ・シェイズ・ダーカー』6月公開、衝撃の官能ラブストーリー第2章
  • 映画『斉木楠雄のΨ難』山賢人×福田雄一で異色のギャグ漫画を実写化 - 橋本環奈、ムロツヨシら出演
  • 映画『心が叫びたがってるんだ。』中島健人主演で人気アニメを実写化 - 感動の青春ストーリー