3日、中国の掲示板サイトに、日本旅行から帰って来た友人が「震撼した」ことについて紹介するスレッドが立った。これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

写真拡大

2016年8月3日、中国の掲示板サイトに、日本旅行から帰って来た友人が「震撼した」ことについて紹介するスレッドが立った。

スレ主の友人は、乗っていた観光バスが接触事故を起こした際、中国だったらすぐに怒鳴り合いになり手を出す人も多いが、このバスの運転手は頭を下げて相手の運転手に謝罪し、ぶつけられた方もお辞儀をして平和的に解決したと驚きを語った。

また、公衆トイレが非常に清潔で壁を触っても汚れが付かないほどで、嫌な臭いは全くなかったこと、賞味期限の過ぎた食品は決して販売せずホームレス用に無償で提供していることなどにも震撼したという。

これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「政治を抜きにすればやはり学ぶに値することは多い」
「日本は先進国なのだから当然だ。別に驚くことではないだろ」

「日本は確かにいい。日本に行ったことのある人はほとんどみんな震撼して帰ってくるよ」
「どの国にも良い面がある。他国の進んでいるところを学ぶのは何も恥ずかしいことではない」

「日本は確かにきれいで人々は秩序正しい。でも偽善さも天下一」
「日本から学ぶべきことはたくさんあるが、中国の敵であることは決して忘れるべきではない」

「それぞれの民族に違いがあるだけでなんでも学ぶ必要はないと思う。ロシアでは接触事故を起こすと双方が殴り合いのけんかをするが、そのあと一緒に酒を飲んで解決だ。これはこれでいいと思う」(翻訳・編集/山中)