ハウステンボスのパーク中心部にある「ホテルアムステルダム」

写真拡大

 その名はよく聞くが、縁遠い観光地は多くある。特に首都圏からの旅先として、また旅慣れない者にとって、北海道や九州といった遠隔地は旅先としての現実味がない。昨今、LCC(格安航空会社)のようなリーズナブルな移動手段が定着しつつあるが、アクティブな旅行者層は、どうせ飛行機に乗るなら格安に海外へというケースも多い。

 一方、国内のかような観光地のホテルに着目してみると、訪日外国人客の激増などの影響もあり、これまで特に注目されてこなかったホテルの拡充が密かに進んでいる。

 たとえば、北海道のニセコ。ウィンターリゾートとしての実力は折り紙付きで、欧米からのゲストを中心に周知されているエリアだ。

 これまでニセコは、夏期は北海道の涼しい観光地の1つくらいに捉えられていたが、夏期の営業にも力を注ぐ利用価値の高い滞在型のホテル群が誕生しており驚く。「カサラ・ニセコビレッジ・タウンハウス」のような、自然に溶け込むラグジュアリー感をもって、徹底したサービス体制が夏にもその真価を発揮しており、知る人ぞ知る夏のラグジュアリーリゾートとして支持を受けている。

 他方、九州の観光地でいま注目のホテル群は、「ハウステンボス」直営の4ホテルと言えよう。

 ハウステンボスといえば、誰しも名前は聞いたことがある長崎県の観光名所だ。しかし、実際に出向いたことのある方は意外に少ないのではないだろうか。4つのホテルはそれぞれターゲティングが異なる。換言すると、利用者のホテルチョイスには分かりやすいホテル群といえるが、それぞれのホテルコンセプトの輪郭はぼんやりしている。

 ハウステンボスには直営4ホテルの他にも、利便性・機能性などを重視したホテルはいくつかあるが、昨年開業した「変なホテル」を除く直営3ホテルは、ハウステンボス本体と運命を共にしてきたホテルだ。それは、経営会社や運営会社の変遷にホテルのコンセプトが翻弄されてきたことも意味する。苦汁をなめた時代を経験したホテルもある。

 そんな直営ホテル群にとって、澤田秀雄社長率いるエイチ・アイ・エス(H.I.S.)が再建の道筋を示したことは新たなシーンとなった。

 澤田社長のエッセンスが注入されたハウステンボスは、観光地としてのポテンシャルを驚異的に押し上げた。いつ何度来ても飽きない仕掛けゆえ、この夏休みシーズンはさらに注目されている。だからこそ直営4ホテルの“いま”が気になる。各ホテルへ出向いてみた。

 直営4ホテルとは、「ホテルヨーロッパ」「ホテルアムステルダム」「フォレストヴィラ」「変なホテル」を指す。変なホテル以外はハウステンボス場内に位置する。

 ホテル群の中でも、「ホテルヨーロッパ」はフラッグシップホテルの位置づけ。感じるのは重厚感とクオリティ。そして“無駄”。ゲストへサービスを提供するのはホテルの最も重要な要素であるが、反面、多様さを極めるホテル運営において合理性は重視される。

 ホテルヨーロッパのロビーを埋め尽くす百合の花々、横幅たっぷりの廊下の所々に用意されたソファー、人々がまばらな時間帯のラウンジミュージック生演奏など、合理的運営からみると一見必要ない無駄の数々にも見える。

 ところが、一見必要のないサービスの集合体がホテル全体の時間軸を変化させている。歩いて・止まって・少し休んでというスローな旅人、団塊世代や高齢のご夫婦が実に楽しげだ。三世代のファミリーも目立つが、品の良いおじいちゃん、おばあちゃんを見守るようなゆったり時間が流れる。

 一方、パーク内にある「ホテルアムステルダム」は、躍動感とともにアミューズメントを身近に感じるホテルだ。異国情緒も満点。質感の高さはホテルヨーロッパに並ぶラグジュアリー感といえよう。ロビーを出るとすぐそこはパーク内。園内を遊び尽くしたいカップルやグループには最適だ。

 また、ゆったり過ごしたいのならばコテージタイプの「フォレストヴィラ」。多彩なハウステンボスのアクティビティ。そんな日中の動から静のステイへ。そんなメリハリも旅のアクセントになる。三世代を含むファミリー層の利用に真価を発揮するホテルといえよう。

 そして、直営4ホテルの中では唯一場外にあるのが「変なホテル」。スタッフの大半がロボット化されたローコストホテルであるが、昨年の開業以来、数多くのメディアに取りあげられ、その奇抜なネーミングとともにご存じの方も多いだろう。ホテルヨーロッパの“無駄”と対極をなす、徹底した合理性を追求するホテルだ。評判は上々で、今後全国展開を視野に新会社が設立される予定で、まずは愛知県と千葉県への出店が発表されている。

 ゆとりの旅ならホテルヨーロッパ。パーク内の躍動感を感じるホテルアムステルダム、プライベート感重視のフォレストヴィラ。そしてローコストの変なホテル。

 観光がショッピングやグルメからアクティビティへ移行していることが指摘される現代。ハウステンボスの持つポテンシャルの高さ、多彩なアクティビティは初めて訪れたゲストを驚愕させる。自ら楽しみをセレクトするハウステンボスにおいては、ホテルもまたセレクトが楽しい個性派揃いだ。

●文/瀧澤信秋(ホテル評論家)