からだリセットする週末。すっきり美脚を保つ習慣

写真拡大 (全3枚)

1日の終わり......仕事を終えて満員電車に揺られて帰宅。ごはんを作る気力もわかず、良くないなぁとわかっていながら、ついついコンビニ頼りの食生活。
お風呂もシャワーで済ませ、明日はあれやって、これもやって......あぁマッサージ行きたいと眠りに落ちる毎日。そして足は疲れてむくみどんどん太くなっていく。
ほんとうは、その日の疲れはその日のうちに解消したいのですが、睡眠も大切なサプリ。ケアする時間をつくるのもなかなか大変です。
そこで今回は、時間のとれる週末に、一週間がんばったからだをゆったりメンテナンスするご褒美ケアをご紹介します。
【ステップ1】半身浴でデトックス
まずは、半身浴で汗とともに老廃物を排出します。市販の入浴剤でもよいですが、粗塩や米ぬか風呂がおすすめです。
からだがポカポカと温まり、発汗が促されます。しょっぱくてベトベトの汗からだんだんサラサラの汗に変わるとからだに溜まっていた悪いものがたくさん出たなと実感します。
米ぬかは、ガーゼに包んで輪ゴムで縛れば、かんたんに「ぬか袋」が完成します。この「ぬか袋」で身体を洗うとお肌もしっとり整います。また、入浴前に足つぼを刺激したり股関節を回すなどストレッチを行えば血行がよくなり、さらに発汗力を高めてくれます。
【ステップ2】脚をマッサージ
半身浴で余分なものを排出したら、お気に入りのボディクリームやオイルを使って脚をマッサージします。

1:足裏
足裏は身体の地図帳と言われるほど多くのつぼが集まっています。ゴリゴリと固まっている箇所は、その反射区が疲れているということ。全体的に労わるようにほぐしてあげましょう。

2:足の甲
手をグーにしたら指股から足首まで骨の溝をなぞるようにマッサージ。足の甲にも内臓につながるつぼがたくさんあるのでこれらを刺激します。

3:ふくらはぎ
踵から両手の四つの指でアキレス腱を挟み、手のひら全体で包むようにふくらはぎを通り最後、膝裏に流し込む。↓手をグーにしてスネの外側の筋肉・前脛骨筋を下から上へ押し流す。↓足首から膝裏まで雑巾を絞るようにふくらはぎ部を揉みあげる。↓膝裏を四指でぐーっと押す。

4:太もも
手をグーにして膝上から足の付け根まで腿の全面をまんべんなく押し流す。↓膝上から足の付け根まで、腿の外側と内側を雑巾を絞るように揉みあげる。↓手をグーにして足の付け根をぐーっと押す。

以上の行程を、各30秒〜3分程行います。
マッサージを終えたら最後に、悪いものを一気に洗い流すイメージで白湯や常温のお水を飲みます。
書くと長いのですがやってみると、全部で30分〜1時間程度。
自分のために使いたい週末だからできるご褒美ケアで、一週間のむくみと疲れをリセットして、心も軽やかすっきり美脚も手に入れちゃいましょう。平日も部分的にピックアップしてケアできたらいいですね。
あわせて読みたい
少しの意識で変わる。靴底でからだの歪みチェック
魅せる足は一日にしてならず。ヘルシーな素足を育む足指ストレッチ
魅せる足は一日にしてならず。夏を制する足裏ケア
image via shutterstock