蝶野正洋チケットぴあ

蝶野正洋が語る「旅館破壊事件」の凄惨 損害賠償請求は数百万円

ざっくり言うと

  • 蝶野正洋が、新日時代の1986年に発生した「旅館破壊事件」を語っている
  • 酒が入るにつれて皆興奮し、殴り合いや部屋の壁や柱を壊し始めたと話す
  • 旅館は営業できる状態ではなく、損害賠償請求は数百万円だったという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング