5日、中国メディアの参考消息は、日中が争う高速鉄道輸出で、中国はアジアにおいて「隠れた益」があるので圧倒的に有利だとする記事を掲載した。これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は中国高速鉄道。

写真拡大

2016年2月5日、中国メディアの参考消息は、海外メディアの記事を引用し、日中が争う高速鉄道輸出で、中国はアジアにおいて「隠れた益」があるので圧倒的に有利だとする記事を掲載した。

記事では、中国は「誰にも負けない隠れた益を提供できる」と主張。雲南省昆明を通して隣国は、中国の強大な鉄道システムと結ぶことができることを指摘し、「中国に友好的なASEAN諸国は、中国の卓越した建設技術と摩訶不思議なほどの安価な資金を得ることができて喜んでいる。こうした機会を拒否するのは地政学的に孤立する行為であり、公然と反抗するようなものだ。アジアのすべての国が中国と鉄道を結べるわけではないが、ほとんどの鉄道は中国とつながる」と論じた。

これ対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

「すべての鉄道は北京へ通じる」

「中国高速鉄道の良し悪しは、旧正月の帰省ラッシュを見れば分かる。寒冷地区や海抜の高い地域も縦横無尽に繋がっている」

「中国の高速鉄道販売は金儲けが主な目的ではない。中国の鉄道基準を世界に輸出することが主な目的で、利益はあとからやってくる」

「技術的には中国は日本より上だが、世論もついてくる必要がある。世論では日本の方が上だ」

「日本はどんなに多くの鉄道を建設してもしょせんは島国。世界と繋げようがない。中国こそ大陸の中心だ」

「中国高速鉄道は中国と繋げることができるが、新幹線は日本と繋がらない。聡明な政治家ならこれがどれほどの益になるかが分かるはず」(翻訳・編集/山中)