手りゅう弾や拳銃を隠し持っていた組幹部 懲役12年の判決

ざっくり言うと

  • 福岡地裁は3日、指定暴力団道仁会系組幹部の男に懲役12年を言い渡した
  • 男は、爆発物取締罰則違反や銃刀法違反などの罪に問われていた
  • 手りゅう弾1個、拳銃10丁と実弾約140発を所持していたとされている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング