田母神俊雄氏

写真拡大

6日放送の「虎ノ門ニュース 8時入り!」(CS放送・DHCシアター)で、弁護士でタレントのケント・ギルバートが、北朝鮮による日本人拉致問題の解決に、社会民主党党首の福島瑞穂氏を担当大臣にするべきだと語る一幕があった。

番組では、ケントと軍事評論家の田母神俊雄氏がゲストで登場し、拉致問題に関して意見を交わしていた。田母神氏は、安倍政権が拉致問題解決を宣言したことに触れ、強い口調で「(安倍晋三首相は)やるやると言ってるけどもやらない!やるやる詐欺だ」と厳しく非難した。

するとケントは、担当者の人選を誤っているから拉致問題が解決しないと指摘したうえで「福島瑞穂を拉致問題大臣にすればいいんですよ。(北朝鮮に)行ってもらって解決してもらえばいい」と言い放ったのだ。続けてケントは笑顔で「いいと思わない?」と問いかけ、田母神氏も「グッドアイデアかもしれない」と返答した。

一方で、司会を務める居島一平は「彼女に交渉力は無いんじゃないですかねぇ?」と疑問を投げかけると、ケントは「少なくとも(北朝鮮の)言葉はできるからいいかなと思って」と笑顔を浮かべながら話す。田母神氏もこの発言に乗っかる形で、「言葉はできますよね。向こう(北朝鮮)出身の人ですからね」とコメントした。

さらにケントは「向こう(北朝鮮)の人に信頼されますかね?」と冗談交じりに質問すると、田母神氏は「たぶん向こう(北朝鮮)の人も信頼しないかもしれませんね」とバッサリ。ケントの皮肉はとどまることなく、民主党の辻元清美議員に大臣をやってもらってもいいとも発言し、居島を一瞬うろたえさせる場面も。

その後、日本も拉致問題解決のため、北朝鮮にスパイを派遣すべきという話題に移ると、ケントが再び「やっぱり福島瑞穂に(北朝鮮へ)行ってもらいましょうよ」と言い始める。居島は苦笑しながら「どうしてもその選択肢になりますか?」と訊ねると、ケントは「偉そうなことを言ってるんだから。旦那も連れて行けばいいさ」と、福島氏の夫である弁護士の海渡雄一氏を引き合いに出しながら語っていた。

ケントはその後のオフトークの場面でも、福島氏と辻元議員を北朝鮮に派遣する案を訴え続けた。居島が「結果として、喜び組みたいにならなければいいんですけど」と漏らすと、ケントは「戻ってこなければ…」と毒を吐いていた。



【関連記事】
ケント・ギルバート 産経前支局長の起訴事件で韓国を批判「日本をナメてる」
ケント・ギルバート 憲法第9条を国際法に照らし「憲法違反」と指摘
ケント・ギルバート 「NEWS23」の視聴者に指摘「印象操作されている」