経営コンサルタント並木裕太に、なぜ世界は注目するのか?

写真拡大

コンサル業界の風雲児、フィールドマネージメント代表の並木裕太。華々しい経歴をもつ並木に、また新しい勲章が与えられた。並木がMBAを取得した母校、ペンシルヴェニア大学ウォートン校が発行する雑誌『WHARTON MAGAZINE』の新企画「40 under 40(ウォートン校卒業生の40歳以下の40人)」に、日本人で唯一選出されたのだ。その選出理由となった、並木が次々と仕掛ける新たなチャレンジとは?

「経営コンサルタント並木裕太に、なぜ世界は注目するのか?」の写真・リンク付きの記事はこちら

並木裕太 | YUTA NAMIKI
フィールドマネージメント 代表取締役社長
1977年生まれ。慶應義塾大学経済学部卒。ペンシルヴェニア大学ウォートン校でMBAを取得。2000年マッキンゼー・アンド・カンパニー入社後、最年少で役員に就任。09年にフィールドマネージメントを設立。日本航空をはじめ、ソニー、楽天といった日本を代表する企業のステップゼロ(経営コンサルティング)を務める。著書に『ミッションからはじめよう!』(WIRED.jp インタヴュー記事)、『ぼくらの新・国富論 - スタートアップ・アカデミー』(WIRED.jp インタヴュー記事)『コンサル一〇〇年史』〈すべてディスカヴァー・トゥエンティワン〉などがある。

レトロモダンなガラスブロック越しに、初夏の陽光が燦々と降り注ぐ。眼下には、瑞々しい緑をたたえたケヤキ並木が立ち並び、その脇を大勢のファッショナブルな若者や外国人観光客がすれ違っていく。表参道のど真ん中、ここは並木裕太率いるコンサルティングファーム、フィールドマネージメント(FM)の、6月に移転したばかりの新オフィスだ。並木は、リノヴェーションされたばかりの明るいオフィスの出来映えに目を細めながら、自らの近況を語り始めた。


──母校のペンシルヴェニア大学ウォートン校が発行する雑誌『WHARTON MAGAZINE』の新企画「40 under 40(ウォートン校卒業生の40歳以下の40人)」に選ばれた理由は何だったんでしょうか?

ぼくが単なるコンサルティングだけではなく、さまざまな新規ビジネスを手がけていることが、評価してもらえたんじゃないかなと思います。具体的に言うと、コーポレートヴェンチャーキャピタル(CVC)、サーチファンド、プリンシパルインヴェストメント、そしてシード投資です。

──なんだかどれもすぐに理解しづらい事業ですね。ひとつずつわかりやすく説明していただけませんか?

ですよね(笑)。まずCVCですが、まずヴェンチャーキャピタル(VC)がありますよね。これは将来性のあるヴェンチャーを見つけ出して投資し、成長させて莫大なリターンを得るというものです。一方CVCは、大企業の中長期的戦略にマッチするようなヴェンチャーを見つけてきて、それに大企業に投資してもらい、ヴェンチャーがイノヴェイションを起こすことで企業の成長に貢献するという仕組みです。

保守的な大企業にヴェンチャーへの投資をしてもらうことで、ヴェンチャーは健全な成長を遂げ、結果、大企業がこれからの時代を生き抜いていくための原動力となる。単にリターンを求めるという仕組みではなく、大企業とヴェンチャーがともに成長できるという意味でも、とても意義深い業態だと思い、昨年フィールドマネージメント・キャピタル(FMC)を設立しました。

4月には第1号案件として、大企業とのコラボレーションによる総額50億円のCVCファンドがスタートし、主に海外のヴェンチャーに投資していくことになりました。

──いきなり50億円ですか! 順風満帆って感じですね。

いえいえ、大企業数十社とお話しして、ようやく協業にこぎつけた形です。半分の企業は興味を持たれなかったし、なかには「きみたち実績ないでしょ」と門前払いされたこともあれば、「きみたちと話していいかどうか役員会で検討します」(笑)ということも。まだまだ保守的な企業が多いので、成長は未知数ですが、今回の取り組みで実績をつくっていけば、きっと未来は開けていくと思います。いうなれば、VCをちょっとコンサルっぽくしたのがCVCです。だから、コンサルが投資にかかわるならこういうかたちがベストだと思うので、しっかり取り組んでいきたいですね。

次の2つ目、フィールドマネージメント・グロースパートナーズ(FMGP)は、たぶん国内初のサーチファンドです。

SLIDE SHOW FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN d9a8582 d9a8583

2/11コンセプト会議は「オフィスってなんだっけ?」を考えるところからはじまった。コンサルという職業柄、スタッフは外出が多い。オフィスにメンバーがもっと立ち寄るようにするにはどうしたらよいか? それが並木から提出された課題だ。

d9a8618

3/11近年「サードプレイス」化するオフィスのありようとは違うオフィスの役割とはなんだろう? オフィスは遊び場ではない。むしろ、そこに行けばその会社に蓄積されたナレッジやノウハウ、ネットワーク、そしてレガシー=その職業に対する誇りを得られる場所ではないか。では、そういう空間の類型はどこにあるだろう?

d9a8590

4/11スポーツチームのクラブハウスではないか? そこは、チームが戦術を練り、コミュニケーションを図り、そして士気を高める場所でもある。コンサルの「フィールド」がクライアント先であるなら、そのオフィスはクラブハウスのような機能を備えた場所かもしれない。早速、Jリーグの大宮アルディージャ、横浜F・マリノスのクラブハウスへと視察に出向いた。写真の「集中作業スペース」は、クラブハウスのロッカールームを模して構想された。選手のロッカーよろしく、メンバー個々にデスクが割り当てられている。

d9a8608

5/11一方その他のスペースは、コミュニケーションやナレッジの交換がスポンテイニアスに行われるよう、リラックスした雰囲気で作業や打ち合わせができるように構想された。広々とした打ち合わせスペースでは、全体ミーティングや外部のお客さんを招いてのセミナーも可能だ。

d9a8613

6/11リラックススペースには背の高いスツールとともにバーカウンターも設置された。オフィス内で、さまざまにシチュエーションを変えながら気分を変えながら作業ができる。

d9a8606

7/11三方を囲む廊下にも作業/対話スペースがある。表参道の街路樹の緑が美しく映える窓辺だ。

d9a8593

8/11会議室は、重要な「戦略」が立案され、検討される場所だ。コンサルタントとしての重厚さや安定感、インテグリティを感じさせる空間であることが望まれる。ただし圧迫的であったり暗くはなりたくない。白木の家具やラグの選定などに、FMという企業の絶妙なポジショニングを体現した。

d9a8597

9/113方がガラス張りのオフィスは外光がふんだんに差し込む。仕切られた会議室にも、その光が心地よく差し込むよう、廊下に面した壁面はガラスで仕切られている。

d9a8598

10/11明るいエントランス部分。白い壁に緑のロゴが映える。

d9a8587

11/11並木が敬愛してやまないショーン・ステューシーのオフィスが、オフィスの意匠を決めるうえでの大きな手がかりとなった。清新さ、カジュアルさ、と同時にインテグリティを感じさせること。スタートアップ企業のような遊び感覚に満ちたオフィスづくりから一歩身を引いた、実直かつ透明性の高い空間は、並木が語る「ステップ・ゼロ」という考え方の現れでもある。写真は社長応接室。

Prev Next PAUSE EXIT FULL SCREEN d9a8582

FM並木裕太の監修のもと、リノヴェイションされた新オフィスは、DE-SIGNがプロジェクト・マネージメントを、NARING CREATIVEがデザインを手がけ、『WIRED』日本版編集部も、アドヴァイザリーメンバーとして参画し、完成した。

d9a8583

コンセプト会議は「オフィスってなんだっけ?」を考えるところからはじまった。コンサルという職業柄、スタッフは外出が多い。オフィスにメンバーがもっと立ち寄るようにするにはどうしたらよいか? それが並木から提出された課題だ。

d9a8618

近年「サードプレイス」化するオフィスのありようとは違うオフィスの役割とはなんだろう? オフィスは遊び場ではない。むしろ、そこに行けばその会社に蓄積されたナレッジやノウハウ、ネットワーク、そしてレガシー=その職業に対する誇りを得られる場所ではないか。では、そういう空間の類型はどこにあるだろう?

d9a8590

スポーツチームのクラブハウスではないか? そこは、チームが戦術を練り、コミュニケーションを図り、そして士気を高める場所でもある。コンサルの「フィールド」がクライアント先であるなら、そのオフィスはクラブハウスのような機能を備えた場所かもしれない。早速、Jリーグの大宮アルディージャ、横浜F・マリノスのクラブハウスへと視察に出向いた。写真の「集中作業スペース」は、クラブハウスのロッカールームを模して構想された。選手のロッカーよろしく、メンバー個々にデスクが割り当てられている。

d9a8608

一方その他のスペースは、コミュニケーションやナレッジの交換がスポンテイニアスに行われるよう、リラックスした雰囲気で作業や打ち合わせができるように構想された。広々とした打ち合わせスペースでは、全体ミーティングや外部のお客さんを招いてのセミナーも可能だ。

d9a8613

リラックススペースには背の高いスツールとともにバーカウンターも設置された。オフィス内で、さまざまにシチュエーションを変えながら気分を変えながら作業ができる。

d9a8606

三方を囲む廊下にも作業/対話スペースがある。表参道の街路樹の緑が美しく映える窓辺だ。

d9a8593

会議室は、重要な「戦略」が立案され、検討される場所だ。コンサルタントとしての重厚さや安定感、インテグリティを感じさせる空間であることが望まれる。ただし圧迫的であったり暗くはなりたくない。白木の家具やラグの選定などに、FMという企業の絶妙なポジショニングを体現した。

d9a8597

3方がガラス張りのオフィスは外光がふんだんに差し込む。仕切られた会議室にも、その光が心地よく差し込むよう、廊下に面した壁面はガラスで仕切られている。

d9a8598

明るいエントランス部分。白い壁に緑のロゴが映える。

d9a8587

並木が敬愛してやまないショーン・ステューシーのオフィスが、オフィスの意匠を決めるうえでの大きな手がかりとなった。清新さ、カジュアルさ、と同時にインテグリティを感じさせること。スタートアップ企業のような遊び感覚に満ちたオフィスづくりから一歩身を引いた、実直かつ透明性の高い空間は、並木が語る「ステップ・ゼロ」という考え方の現れでもある。写真は社長応接室。

──サーチファンド? 聞いたことないです。

まず、かなり大きめの企業を買収して、コンサルを入れてごりごり成長させて売却するのがプライヴェートエクイティ(PE)です。ベインキャピタルやカーライルといった外資のファンドが有名ですね。ただし、企業へ投資して再生/成長させ企業価値を高めるという業務の難易度は、企業規模が1,000億円でも100億円でも10億円でも変わらないので、彼らは規模の小さい企業を敬遠しがちなんです。ただ、規模が小さくても買収/投資してコンサルすることで飛躍的に成長させることができる企業は山ほどありますから、そこにチャンスがあるわけです。そういう部分に目を付けて、買収/投資できそうな企業を見つけてきて、投資家に提案するのがサーチファンドです。

もともとは、1980年代にハーバード大学のMBA生が、投資家に対して「成長させられる企業を見つけてくるので、そのサーチ費用だけもらえませんか」と提案して始まったものだそうです。その後、自らが中小企業のオーナーとなり成長させる、アントレプレナーの新しい形として、MBA生の間で流行ったらしいんですね。その結果、ロードサービスの会社を買収して、保険事業などをくっつけて事業拡大させたら企業価値が100倍以上になったという事例もでてきました。

PEがやるような巨額の買収&売却は、うちの事業規模ではできないけれど、そこと違うフィールドでやることには意義があるし、日本では前例のない業態なので、あえてチャレンジする価値がある。例えばボーイング787に使われている、そこでしかつくれない部品をつくっている名古屋の工場とか、企業規模が小さくても、数十倍の価値にもっていけるような有望な企業は日本にたくさんあります。PEのスクリーニングにかからないことで、可能性のある中小企業が成長の機会を逸しているとしたら、それは日本経済にとってもったいない話ですからね。それで昨年、FMGPを立ち上げました。こちらも、スタジオ・ヨギーというヨガスタジオに投資をした第1号案件がスタートしたばかりです。

──確かに日本には、企業理念も技術もしっかりしているけれど、経営体制に新しい血が必要とされていたり、初代の経営者が高齢化してしまい後身が育っていないような中小企業が多いように思います。そういう企業を存続&成長させ、しかも投資家を活性化し、リターンをもたらす仕組みとして、とてもユニークだと思います。つまりFMCは大企業を、FMGPは中小企業を応援できるということですね。

次のプリンシパルインヴェストメントは、自分のお金での投資です。現在、Jリーグの湘南ベルマーレに投資し、ぼく自身が役員にもなって経営にも参画しています。もともとJリーグやプロ野球などスポーツビジネスのコンサルはやっていたのですが、保守的な日本のスポーツビジネス自体の仕組みを変えていくには、中に入るしかないかなと。Jリーグ全体、日本のスポーツビジネス界全体をよくしていくために、湘南というローカルチームから変革のうねりを起こしていけたらいいなと思っています。

そして最後がシード投資です。これは、起業する若きアントレプレナーに投資するものですが、FMでやっているのはちょっと特殊です。起業家のリスクを回避する方法として、FMのコンサルタントとしても働いてもらうというものです。実際には、チケット販売会社チケットスターの松居健太、O2Oアプリ「スマポ」のスポットライトの柴田陽の例があります。彼らはいずれもFMのコンサルタントとして活躍しながら、起業したヴェンチャー企業で経営手腕を発揮し、その結果会社を大きく成長させ売却することに成功しました。

彼らはしっかりとしたファクトベースに則った、かつ実際に経営を行ってきた経営者としてのリアルな経験値を生かした、高次元のバランスでのハイブリッド型コンサルティングを行うことが可能です。それはまさに、FMの本業であるコンサルティングにおいて、経営者のそばでそれを支える「ステップゼロ」に必要とされる資質です。これからの日本経済を支えていくための人材育成という意味でも、重要な投資といえますね。

──本業のコンサルティングとは別に、これだけさまざまなチャレンジを行っているというのは、世界でもあまり例がなさそうですよね。そこが、『WHARTON MAGAZINE』に認められたのでしょうね。次代を担う日本人ビジネスマンとして、まさに快挙です。

ありがとうございます。ただ、実はついこないだ、かつてないほどクライアントの経営者と意見が合わない状況に陥ってしまい、クライアントにマジ切れされまして……。「こんなん、ぼったくりやで」と捨て台詞を吐かれて、その場で契約終了となってしまったんです(笑)。

そういえば、ぼくの大好きなデザイナーのショーン・ステューシーが、最近「バック・トゥ・ベーシック」とか言って、いま一度ベーシックなTシャツをつくっていたりするんですけど、ぼくにとってもいまはもしかしたらそういう時期かもしれませんね。いろいろチャレンジするのもいいけど、しっかりコンサルやらないとダメだぞって。オフィスも移転したし、一回り回って心機一転、やっぱり原点回帰すべきなのかなって。


TAG

BusinessConsultingDesignField ManagementOfficeDesignWIRED JAPAN