いつの間にか「お笑い第七世代」という言葉をすっかり聞かなくなった。2〜3年前にはそう呼ばれる若手芸人たちが脚光を浴びて、爆発的なブームになっていたのに、今では第七世代という言葉自体が死語になりつつある。【写真】身を削って大金を注ぎ込む「粗品」のギャンブル動画何組かの若手芸人が注目されてブームになるという現象は、お笑いの歴史の中で今までにもたびたびあった。毎回ブームが過ぎ去ると、そこからは淘汰の時