見つめていると「何か」が見えてくる漢字
「にしこり」をジーッと見つめていると、昨年現役引退した松井秀喜選手に似ている、という話を聞いたことがありますが、確かに見えてくるんですよね…。そんな「ジーッと見つめていると他の何かに見えてくる字」についてのQ&Aを、教えて!gooで見つけました。

『恋』という字は、欽ちゃん走りに似ている…

■ひらがな編

「ぷ←走っている人。前にテレビか何かでやっていて、それ以来そのように見えてしまいます」(mk0641さん)

「でつ←スヌーピー」(nori21stさん)

「むU←これも何かで見たんですけど、スヌーピー」(mk0641さん)

まずは「ひらがな」の回答から。クラウチングスタートから1歩目を踏み出した、そんな瞬間に見える「ぷ」には、ボーリングの球を投げている人にも見えるとの説も。そして「でつ」と「むU」は右向きでやや上方を見つめるスヌーピーと、左向きでニンマリと笑うスヌーピー。いかがでしょう。じっと見ていると見えてくるのが不思議です。

■漢字編

「誤…お墓参り」(noname#86859さん)

「『屋』がバカボンのパパに見えます」(satoyukaさん)

「尚←オバケのQ太郎」(noname#73084さん)

今回のベストアンサーは「誤」。ご丁寧に拝む手までしっかりと表現されており、一度そう見えると、もう、字としての認識が難しい状況に陥ります。「屋」も「尚」も、アニメキャラですが、特に「尚」は「似ているのは頭の3本毛だけ」かと思いきや、グッと見つめるとジワジワと似てきます…。

■ギリシャ文字編

「ω←うちの猫のタマコロ」(noname#81161さん)

「(パイ)π←まいっちんぐマチコ先生が胸をタッチされた時にいや〜ん、まいっちんぐとキメ台詞を言う時の足元」(noname#81161さん)

「おなかが鳴ってはいけない時に、グッとこらえようとすると、より大きな音が鳴る」現象と同様に、「言われた通りになんか見えないぞ、そう見えてたまるものか…」と、力むとなおさら見えてくる。それはギリシャ文字も同様です。

「π」からマチコ先生の声が聞こえてくるとは、想像だにしていませんでした。見えづらい場合は、フォントを変えていただくと聞こえてくるかと。いやはや、生きているといろいろ発見がありますね。

皆さんが発見した「何か」が見えてくる文字がありましたら、ぜひ教えてください!

常山剛(Go Tsuneyama)