『MFゴースト』片桐夏向役の内田雄馬、『頭文字D』藤原拓海役の三木眞一郎の両名がイベント共演を果たした。

今秋・10月スタートのTVアニメ『MFゴースト』の先行上映会が、1日の都内で行われたところ、同作・片桐夏向役の内田雄馬とTVアニメ『頭文字D』藤原拓海役の三木眞一郎の両名がサプライズ共演を果たし、より一層の盛り上がりを見せた。

会場のアナウンスを聞くと、三木は『MFゴースト』本編のナレーションと次回予告を担当しているといい「この会場で来て、やっと『出てるよ』って言えるようになりました!」とニッコリ。”公道最速伝説”と称される後継作にも関わることになって「この作品も多くの人に愛されて欲しい。これからバンバン宣伝していきたいと思います」と約束した。

▼ 『MFゴースト』片桐夏向役の内田雄馬

▼ 『頭文字D』藤原拓海役の三木眞一郎

特別なイベントで実現した二人の対面。ガッチリ握手も交わすと「継承の儀式」と呼ばれ、自然と拍手が沸き起こった。内田は「あの『頭文字D』で起きた熱狂を『MFゴースト』でも皆さんと一緒に創り上げて、クルマ作品の楽しさを広めていきたいと思っています」と誓いを立てていた。

上映会の後に実施されて舞台あいさつでは、内田と三木のほか、「ヤングマガジン」のオーデイションで選ばれた「MFGエンジェルス 2023」キャンペーンガールの東条澪、佐々木萌香、監督の中智仁氏、音響監督の三間雅文氏も登壇していた。

▼ (左から)佐々木萌香、中智仁氏、内田雄馬、三木眞一郎、三間雅文氏、東条澪

▼ 「MFGエンジェルス 2023」キャンペーンガールの東条澪

▼ 「MFGエンジェルス 2023」キャンペーンガールの佐々木萌香

『MFゴースト』は、「ヤングマガジン」(原作:しげの秀一、発行:講談社)で連載中で、累計発行部数400万部を突破した人気漫画をアニメ化したもの。1995年から2013年まで連載されていた『頭文字D』の近未来の世界観設定にて、実在する公道でのカーレースバトルを描いている。

放送は10月1日(日)24時より、TOKYO MX、テレビ愛知、読売テレビ、RKB毎日放送、アニマックスほかにて展開する。

▼TVアニメ『MFゴースト』 第四弾PV

■関連リンク
TVアニメ『MFゴースト』…公式WEBサイト