「敷金礼金0円」「インターネット無料」に釣られ契約も…新社会人の大誤算

by ライブドアニュース編集部

ざっくり言うと

  • 「敷金礼金0円」などの言葉に引かれてアパートを契約した新社会人
  • トラブルが相次ぎ退去しようとするも、原状回復費用の支払いが必要と判明
  • 貯金もなかったため、契約期間が終了するまで同じ部屋に住み続けたという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x