高血圧薬を服用していた韓国の50代医師 ワクチンを摂取した2日後に死亡

ざっくり言うと

  • 韓国の50代医師がアストラゼネカ製ワクチンを打ってから2日後に亡くなった
  • 普段、高血圧薬を服用していたこと以外に特別な基礎疾患はなかったという
  • 死亡とワクチン接種の因果関係は現時点では不明で、保健当局が調べている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x