銀座のすし店にある30万円の干物 作った会社は「まさか売れるとは」

ざっくり言うと

  • 東京・銀座の回転ずし店で、リュウグウノツカイの干物が販売されている
  • 価格は30万円で、作った会社は「パサパサでおいしくなかった」とコメント
  • 冗談半分で売りに出したといい、「まさか売れるとは思わなかった」とした

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x