割引などで新型iPhoneの実質負担は「5万〜6万円台」大手3社が設定

ざっくり言うと

  • 5G対応の米アップル新型iPhoneが23日、日本でも発売される
  • 大手3社は一定の条件を満たせば実質的な端末代金の負担を5〜6万円台に設定
  • 12の64ギガバイトモデルの場合、ドコモは10万1376円が6万7584円になる

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x