今や大学生の2人に1人が奨学金を借りている時代。子供の負担を一定に抑え、なおかつ両親の老後の生活も一定水準を保つための計算方法がある(写真:zak/PIXTA)

高2女子の大里花実(17歳)は、新型コロナをきっかけに、人生についていろいろ考え始めた。すると自分がいかに世間知らずでお金のことも知らなすぎることに気づいた。最終回の第7回は「子供はどの程度自分で大学の費用を出すべきか」について。

第1回 JKだって超知りたい「大学はいくらかかるのか」
第2回 「大学費用1000万、20年返済」なら毎月いくらか
第3回 親は「子供の大学費用」をどれくらい出すべきか
第4回 教育費が足りない家庭が実行すべき3つの計画
第5回 誰でもできる「人生に絶対必要なお金」の貯め方
第6回 子供の教育費を払いながら老後資金を貯める方法

花実には、今でも数カ月前に読んだベストセラー『ライフシフト』の衝撃が残っている。「人生100年時代」――。今までは大学に入って、いいところに就職してキャリアを積んで……くらいまでしか考えてなかったけど、なんと、これから自分はあと83年も生きるのだ。

無理に教育費を出せば「老後貧乏」が待っている

いわば「100年生き抜く力を手に入れろ」というこの指南書に、「人生のステージごとに新しい能力を身に付けて活躍するわけか……。まるで『ポケモンGO!』みたいじゃん!」と、花実はわくわくした。マルチステージの人生を生き抜くために、「まずは大学進学を!」とリケジョの花実は薬学部進学に意を強くしたのだが、そこで、改めて「お金」という現実的な問題に直面した。

コロナの影響は、大里家にも及んでいたのだ。問題になったのは「花実の進学費用と、両親の老後資金の兼ね合い」だった。教育費をかけすぎれば「両親の老後貧乏」は避けられない。

花実が所属する生活科学クラブの顧問で、ファイナンシャルプランナーのロンドン・エマ先生によると、長く続いたデフレ下でも教育費だけは毎年しっかり上がってきた。社会保険料や税金が上がり、手取り収入が増えない中、今や学生支援機構の奨学金利用者は、大学生のおおむね2人に1人と想定されているのだという。

晩婚化が進み「教育費」「住宅ローン」「老後の資産形成」が重なる「三重苦家計」は少なくない。聖域といわれてきた教育費を、いくらまで負担できるのか、親子で見極めることは必要だ。奨学金を利用することになれば、将来返済をしていく子供の生活にも当然大きく影響してくるからだ。

そこで、大里家は、家族みんなで、withコロナの時代の「お金の計画」を立てた。ポイントは、「親が希望する老後生活費を実現できること」と「花実が将来、奨学金を返済しながら必要貯蓄率を達成できること」の2つだ。これらを前提条件として、「いくら奨学金を借りることができるのか」と、「それをどう按分して返済していくか」を決める。

実は「人生設計の基本公式」を使えば、簡単にわかる(詳細は第6回リンクで解説したとおりなので、そちらをみてほしい)。一言でいえば、今後の平均手取り年収を見積もり、老後現役時代の生活水準に比べてどの程度で生活したいかをイメージして、現役時代にどれだけ貯蓄すべきかを計算するのがこの基本公式だ。

「親の老後の生活水準」を設定する

まずは、大里家の父と母の希望を入れて計算した「人生設計の基本公式」が以下だ。老後の楽しみの旅行代500万円を入れて、月の老後生活費を母の希望である33万円に想定すると、両親の手取り年収に占める、必要貯蓄率は23%になった。


次に、花実が奨学金を借りた場合を考えてみる。ネットで調べると、製薬会社で研究者として仕事をするとなると、生涯の平均年収は900万円〜1500万円とあったので、約1000万円として、以下のように計算した。

「ヽ枳未諒振冉収は1000万円なので、今後の平均手取り年収 (Y)」は780万円とした。「∀係綫験菷駑─x)」は、現時点では100%。将来、結婚したり、家を買ったりしたら見直す。「G金の手取り額(P)」は、24歳から65歳まで41年間働くとして、303万円。手取りで242万円とした。「じ什瀉蓄額(A)」は奨学金を500万円借り入れるとして、500万円のマイナスだ。

もちろん年金額等、将来のことはわからない。でも「予想を立ててみる」ことが重要なのだ。だって、やみくもに動くより、スマホのマップで位置情報を確認しておくほうが安心だ。修正だって効く。てか、適宜修正しながら「お金の計画」を立てていくというのが大事なのだ。

こうした設定に基づいて、人生設計の基本公式を花実にあてはめて計算すると、以下のようになった。


必要貯蓄率は約33%になった。3分の1を貯金するのだから、例えば、入社時の手取り年収が300万円の場合、貯蓄分をのぞいて自由に使えるお金は年間200万円になるというイメージだ。月にすると16.6万円。実家暮らしならなんとかなるかもしれない。でも、親元を離れ、1人暮らしとなると、さらにここから奨学金の返済が始まるわけだから、相当きつい。

年収が低い若い間は、無理せず必要貯蓄率を下げる

仮に奨学金を利率0.07%で借り入れ、20年間で返済していくとすると、毎月の返済額は2万1000円だ(注:所得基準などの借入条件や保証料などは考慮せず、借入額にたいする返済額を試算するために行ったもので、実際の貸与・返還シミュレーションとは異なります)。

「就職後の生活、とくに東京など物価の高い都市での1人暮らしの場合、若いうちは貯蓄をすることが難しくなるわね。方法としては、年収が低い間は必要貯蓄率をグンと下げて1割を目標にし、少しずつ上げていく計画にするなどね。でも、返済額が大きくなると、やはり大変だと思うのよね」とエマ先生。

「確かに」と花実も思う。奨学金の借り入れ金額は、「ギリ500万円」というところか。花実が学費を負担すると、パパたちの「現在貯蓄額(A)」は−800万円になるが、必要貯蓄率は22%。うーん。親たちの、現役時代のきつさも、あんまり変わらないなぁ。エマ先生どうすればいいの?

「例えば老後生活費率を5%下げてもらうと、毎月使える生活費は最初の設定の33万円から2万円減って31万円になっちゃうけど、必要貯蓄率は約18%。4ポイント下がるわね……」


「こんなふうに、いろいろシミュレーションして、お互いに無理のないところで、借り入れ金額を決めればいいと思うの。どうかしら」

「そだね! お互いに、人生100年時代、長期的な視点でお金の計画をすることが大切なんだね。エマ先生、ありがとう。今夜、もう1回、両親と話し合ってみる!」

コロナ禍で、収入が減ってしまった大里家。両親だけに負担を負わせることにならないように、また、自分の将来もお金の計画もちゃんと考えて結論を出したいと、改めて思う花実なのだった(参考:人生設計の公式の計算ツールはこちらをお使いください)。

教育費は「長期での貯蓄計画」が物をいう

【FPエマ先生からアドバイス】

教育費は、家計において負担の大きい支出です。しかし、必要になる時期も決まっているため、長期での貯蓄計画を立てることができます。ぜひ家族で話し合いをしましょう。

また、まだお子さんの小さいご家庭は、まずは「児童手当」を全額貯蓄するようにしましょう。

「児童手当」とは、中学終了前の児童を対象に、児童を養育している父母その他保護者に支給されます。月を単位として、3歳未満の児童は1人つき1万5000円、3歳以上小学校終了前の児童は、第1子、第2子は1人につき1万円、第3子は1万5000円、小学校終了後中学校終了前の児童は1人につき1万円が支給されます。

請求の窓口はお住まいの区市町村(公務員の人は共済の窓口〈勤務先〉)です。支給月は2月、6月、10月の3回払いです。仮に、子供1人の場合、産後15日以内に届けた場合は、総額198万円になります。

なお、所得制限により児童手当が支給されない場合、当分の間、中学校終了前の児童1人につき月額5000円の特例給付が行われます。

また、教育資金を貯めるために学資保険に入る人もいますが、近年の低金利で、学資保険の運用利回りも低下しています。かつ、学資保険は保障もありますので、その分の保険料がかかり、効率的にお金を貯められません。教育費を貯めるために生命保険に加入するのは得策ではありません。「教育のために」など、お金に色をつける発想をやめ、必要貯蓄率を適切なお金の置き場所で合理的に貯めて増やしていきましょう。

「JKだって超知りたいお金のこと」の短期連載、最後までお読みいただき、ありがとうございました。別立ての連載でまたお会いしましょう。