6月下旬、子供のお迎えに行く小倉

写真拡大

 梅雨の曇天模様と同じ心境だったのかもしれない。6月下旬、臨月の小倉優子(36才)はいまにも降り出しそうな空を見上げ、ため息をついた。不安げな表情の原因は天気だけではなかったはず。

【写真11枚】出産間近だったプライベートの小倉優子、1人で歩く夫・A氏の姿

 それから1か月──。

《7月22日、無事に第三子となる男の子を出産いたしました!!(中略)出産を支えてくれた主人にも、心配してくださった皆様にも心から感謝の気持ちでいっぱいになりました!!》

 小倉のインスタグラムには、生まれたばかりの男児を抱えて笑みを浮かべる彼女の写真がアップされた。これには小倉の友人たちも驚愕した。

「ここ数か月、離婚に向けて弁護士を立てている夫と、離婚したくない小倉さんとの間で、話はほとんど進展していないと聞いていました。なのに“出産を支えてくれた主人”と書いたのには驚きました。ふたりの間に新展開があったのか…」(小倉の知人)

 冒頭、出産を直前に控えた小倉は夫である歯科医師のA氏が住む家とは別の家に帰り、別居はまだ続いていたように見えた。小倉のメッセージの真意とは──。

 *
 小倉はA氏と2018年12月に再婚。SNSでも充実した生活ぶりを披露していた。

 ところが今年の3月に、昨年末から別居していたことが発覚。そのタイミングがちょうど小倉が第3子の妊娠を公表したばかりだったため世間は「また?」とザワついた。

「前の旦那さんとは、小倉さんが第2子妊娠中に彼女の後輩タレントと不倫をしていたことで離婚に至っていたからです。このときの小倉さんの怒りは尋常ではなく、彼の携帯電話をたたきつけて壊したほどだといわれています」(ファッション誌関係者)

 当初、今回の別居の原因は、部屋が片づいていないことや食事の準備ができていないことをA氏に指摘されたことだと報じるメディアもあった。

「ところが、その後の報道で、自分の仕事を否定されたと感じた小倉さんがA氏に『人間が小さい』などと激しく口撃し、それが別居の原因になったという話も出てきました。その昔“こりん星からやってきたりんごももか姫”などのキャラを演じていたため、おっとりタイプに見られがちですが、小倉さんはかなり気が強いタイプ。一体、どちらに原因があるのかがよくわからなくなってきたのです」(テレビ局関係者)

 かつて小倉のインスタグラムでは、幸せそうな一家4人の日常がたびたび綴られていた。だが、別居が報じられると、真っ黒な画像と共に、《夫を支える妻として至らない点がありました》などという釈明のメッセージを掲載し、以後、今回の出産まで更新がストップしていた。

「夫からは弁護士を介して離婚と、2人の子供との養子縁組の解消を求められたという報道もありました。夫婦生活をこれ以上続けることは難しく、離婚は避けられないのではないか、と話す関係者がほとんどでした」(前出・小倉の知人)

◆夫が出ていった理由が全くわからない

 だが、小倉は復縁を諦めていないという。

「別居後も小倉さんは結婚指輪をつけ続け、“なんで夫が家から出ていったのか、全くわからない”“離婚をするつもりはない”と話していました。子供のことを考えても、離婚は得策ではないですし、子供たちもAさんに懐いていましたから、何とか元の鞘に収まりたいというのが本音なのでしょう」(前出・小倉の知人)

 ほんわかとした雰囲気の小倉だが、お受験ママとしての顔も持つ。

「昨年、長男を全国屈指の難関小学校に入学させています。入学式ではふだんのフェミニンなファッションとは正反対の、シックなスーツでいいお母さんらしさをアピールしてもいました。いまはそれに続くようにと次男のお受験も熱心に準備をしていると聞きます」(別の小倉の知人)

 このお受験には、A氏のサポートもあったといわれている。仮にお受験をしなくても、小さい男の子3人を、シングルマザーで育てるのは容易なことではない。しかも、このコロナ禍。

「小倉さんは、ご両親の感染リスクを考えて千葉の実家に頼ることもできず、夫も不在のなか、身重の体でワンオペで子育てをしていたそうです」(小倉の友人)

 離婚危機にコロナ──。第3子の出産前には、多くのハードルがあったように見えるが、実際は、小倉がインスタで明かしたようにA氏が支えていたのだろうか。小倉は出産報告をしたインスタで、こう続けている。

《私達夫婦についての事実とは異なる報道でお騒がせ致しておりますが、主人からの思い遣りに感謝しつつ過ごしております》

「文字通り読めば、離婚をしたがっているAさんは、出産には協力的だった、ということになります。一方で、そうじゃなかった場合、Aさんの立場なら、震え上がるほどの皮肉なメッセージともとれます」(芸能関係者)

 小倉とA氏の本当の関係は、ふたりにしかわからないことだが、別居状態が解消されたようには見えないと、前出の小倉の友人が明かす。

「やはり一緒には住んでいないはず。ただ、最近の彼女はAさんとの関係については親しい友人にも明かさなくなっていました。Aさんとは連絡を全くとっていないわけではなく、お子さんのことについてなどのやり取りはしているようです。その中で、関係が改善された部分があるのかもしれません。

 離婚の話し合いは平行線でしたが、お子さんの誕生がどう影響するか。Aさんにとっては初子です。お子さんの顔を見たら考えに変化が出てくるかもしれません。インスタでの唐突な感謝の言葉が、意外な効果を持つかもしれませんよ」

「子はかすがい」というが、別居からの電撃復縁はあり得るのだろうか。

※女性セブン2020年8月13日号