iPhone11 Proの広告(写真:ロイター/アフロ)


 米市場調査会社であるガートナーが6月1日に公表した最新レポートによると、今年1〜3月における世界のスマートフォン販売台数は2億9914万台だった。これは1年前に比べて20.2%少なく、同社が統計を取り始めて以来最大の落ち込み。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

外出規制で消費減、工場閉鎖で供給滞る

 その原因は新型コロナウイルスの感染拡大。これに伴う2つの直接的な要因があったとガートナーは指摘している。まず、感染症対策として、中

国のスマートフォン工場が一時閉鎖を余儀なくされた。これにより部品・完成品の供給が滞った。

 そして、世界の多くの国で外出規制が敷かれ、消費者支出が減少した。この時期に消費者が不要不急の消費を控えたため、スマートフォン需要が急減したという。

首位のサムスン2割減、2位のファーウェイほぼ3割減

 1〜3月のメーカー別販売台数の上位5社は、1.「韓国サムスン電子」、2.「中国・華為技術(ファーウェイ)」、3.「米アップル」、4.「中国・小米(シャオミ)」、5.「中国・OPPO(オッポ)」の順。

 首位のサムスンは5533万台を販売したが、この台数は1年前から22.7%減と、大きな落ち込み。2位のファーウェイは4250万台で同27.3%減と、上位5社の中で最も大きく落ち込んだ。ファーウェイのスマートフォン販売台数が前年同期比で減少したのは、これが初めてだという。

アップルは比較的小幅な減少

 一方で、3位のアップルは4092万台を販売。減少率は同8.2%と比較的小幅にとどまった。ガートナーによると、アップルは他のメーカーに比べて中国市場への依存が低い。サプライチェーン(供給網)の混乱や小売店舗の一時閉鎖という困難な状況にあったものの、新型コロナウイルスの感染拡大による影響は他の上位メーカーに比べて小さいという。

 ガートナーのリサーチ担当バイスプレジデント、アネッテ・ジマーマン氏によると、アップルは昨年9月に発売した「iPhone 11」シリーズが好調で、今年は好スタートを切っていた。

 もし、パンデミック(世界的大流行)がなければ、1〜3月は同社として過去最高水準の四半期になっていた。しかし、2月以降のサプライチェーンの混乱と消費低迷がそれを阻んだ。

 ただ、アップルは以前からオンライン販売に強いメーカー。生産体制は3月後半からほぼ正常に戻った。これらにより、同社は勢いを回復させつつあるという。

 こうした中、都市封鎖(ロックダウン)が解かれた中国では、経済活動が徐々に再開しつつある。アップルは同国のスマートフォン市場で販売強化に乗り出すとみられている。

中国でiPhone最新モデルを値下げ販売

 米CNBCによると、アップルは中国で毎年6月に行われる「国民年中ショッピングフェ スティバル」(全民年中購物節)を前に、同国で販売を強化するという。

 このイベントに向けて、同社はiPhoneの販売価格を下げたと、CNBCは6月1日付の記事で伝えている。それによると、中国・アリババ集団の通販サイト「天猫(Tモール)」のアップル公式ストアでは、「iPhone 11」の64Gバイトモデルを従来の5499元から4779元(約7万2400円)へと約13%下げた。上位モデルの「同11 Pro」と「同11 Pro Max」もそれぞれ約13%下げたという。

 また、アップルの正規再販業者である中国・京東集団(JDドットコム)では、iPhone 11の64GバイトモデルをTモールよりも安い4599元(約6万9700円)で販売。最上位モデルの同11 Pro Maxは最大で約21%引きにしている。このほか、普及モデルの「同SE」も値下げ販売しているという。

筆者:小久保 重信