新型コロナウイルス(以下、新型コロナ)の東京都内の感染者数が急増している。3月25日、小池百合子都知事は緊急の記者会見を開き、現在の都内の状況を「感染爆発の重大局面」と発表。週末の不要不急な外出を控えるように呼びかけた。そして27日、東京都は都立公園などで花見の全面自粛を求め、週末を前に桜の名所として知られる上野公園、代々木公園、井の頭公園では、ロープやテープを張って一部が通行止めに。先週の3連休は、ちょうど東京の桜が見頃を迎え、花見に出かけた人も多くいた。実際に上野公園で花見をする人たちに、足を運んだ理由を取材した。(取材・文=真島加代/清談社)

【画像】「宴会禁止」看板のすぐそばで花見を楽しむ人々


 

「宴席禁止」の看板が並ぶ花見スペース

 3月22日、上野公園の桜は満開となり、天気は快晴、気温20度を超える絶好の花見日和だった。新型コロナさえ流行しなければ昨年同様、宴会が催されただろう。

 しかし、花見スペースにはロープが張られて「宴席禁止」の看板が並び、園内では「宴会等の行為はお控えいただきますよう、ご理解ご協力をよろしくお願いいたします」というアナウンスが流れていた。酒やつまみを片手に園内を散策しながら桜を楽しむ人々に話を聞いた。

“お散歩スタイル”で花見をしてます

「毎年1回、高校時代の同級生たちと上野公園でお花見をしているんです。朝5時から場所取りをして、10年以上も続けている会なので、中止するのは忍びなくて今日は参加できる5人だけ集まりました。立ち止まったり歩いたりする“お散歩スタイル”で花見をしてます。このあと『居酒屋に移動しようか』なんて言っていたけど、飲食店で密集してお酒を飲むほうが危なそうですよね」(男性・会社員・30代)

「大人数が密室に集まるのは抵抗があるけど、歩きながらならいいかなと思って、同僚とふたりで来ました。毎年、会社全体で花見の席が設けられていたんですけど、今年はさすがに中止になりました。残念ですけど仕方ないですよね」(男性・会社員・30代)

「自分は大丈夫だろうという妙な自信があるかも」

「あまりナーバスになりすぎても、なんだか気落ちしてしまって……。せっかく天気もいいし、少人数で外に出るくらいなら大丈夫かな、と思って友人と3人で来ました。平日は時差出勤も在宅勤務もできなくて、仕方なく毎朝満員電車の密閉空間にすし詰め状態で出勤してるのに、休日の花見は自粛しろって言われたら、さすがにイラッとしますよ」(女性・保育士・20代)

「公園は屋外だし、個人的にそれほど気にしていないのが正直なところですね。自分は大丈夫だろうという妙な自信があるかも」(男性・会社員・20代)

 多くの人は例年のような花見会を自粛したものの、ほんの少しでも花見をしたいという気持ちが、“お散歩スタイル”を生み出したようだ。

シートを広げて桜を楽しむグループ

 立ち花見、歩き花見客よりも数は少ないものの、シートを広げて桜を楽しむグループもちらほら。感染のリスクを上げるといわれる「人の密集」と「近距離の会話」について、彼らはどう考えているのだろうか。

「今日集まったのは全員医療従事者なので、普段から感染に気をつけています。もちろん、自覚症状があったらムリにはやらないですね。食べ物もあまり気にしてないけど、たこ焼きとか、からあげとか一つひとつ分かれているものを選んでます。でも、一緒に食事をするのも、普段誰かとしゃべるのもリスクは同じくらいじゃないかな」(女性・医療従事者・20代)

花見に来たのは「普段通りに過ごしたいから」

「自覚症状もないし、こまめに手洗いもしてるけど『もしかしたら“無症状の感染者”かもしれない』と思いながら生活してます。でも、世の中全体が過敏になりすぎてる気がしてて、もう少し普段通りに過ごしたいなと思って花見に来ました。ただ毎年、花見のときは上野公園に来るんですけど、これまでのなかで一番ちょうどいい混み具合ですね。いつもこれくらいならいいな……」(男性・会社員・30代)

「東京に住む子どもたちに会うために京都から来たんですけど、名古屋以降はガラガラ。新幹線を貸し切れる体験なんて、今後一生ないと思います(笑)。政府が『花見を自粛しろ』と言いたい気持ちもわかるけど、桜くらいは見たいですよね。実際、上野公園に来たら意外と人がいて驚きました。もしかしたら、みんな自粛のストレスが溜まっているのかもしれないね」(男性・会社員・60代)

 それぞれ花見を楽しみつつも、バカ騒ぎをするようなグループはごく少数。なかには「宴席禁止」看板の隣で酒を飲む人もいたが、多くは不忍池周辺の人目につかない場所でシートを広げていたのが印象的だった。

 今回、話を聞かせてくれた花見客全員が「結構人がいるので驚いた」という感想を抱いていた。ただ、今週末の上野公園には、桜並木の通りに「きけん立ち入り禁止」と書かれた黄色いテープが張られ、事態は一変しているのではないだろうか。

写真=真島加代/清談社

(清談社)