タレントの中居正広(47)が30年以上にわたり所属したジャニーズ事務所を3月いっぱいで退所し、独立する意向を固めたことが「週刊文春」の取材で分かった。近日中にも正式に発表すると見られる。

【画像】徐々にテレビ出演が増えてきた「新しい地図」の3人

「週刊文春」は、これまでもSMAP解散後の中居をはじめとする各メンバーの動向を詳しく報じてきた。2019年12月19日号掲載の記事を再編集のうえ、公開する。

※記事中の年齢や日付、肩書き等は掲載時のものです。

◆ ◆ ◆

「ジャニーズ事務所に対して、公正取引委員会が注意を行っていたことが7月に判明し、そこから明らかに風向きが変わりました。年末年始にかけて『新しい地図』の3人の地上波出演が相次ぎます」(民放関係者)

 元SMAP3人による、芸能界の“帝国”への逆襲が始まりつつあるが、実はまだ高い壁が残っている。


音楽ユニットを組む草磲と香取

◆◆◆

 大晦日には日本テレビの「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」の特番「絶対に笑ってはいけない青春ハイスクール24時!」に出演。1月2日には、テレビ東京の「出川哲朗の充電させてもらえませんか? 新春パワスポ初詣3時間スペシャル」と、ゴールデンタイムに登場する3人。稲垣吾郎(46)はNHK総合でMCを務める新番組「不可避研究中」が12月27日からスタートする。

「松本人志、出川哲朗ともに中居正広の親友と呼べる存在。中居は7月に『充電させてもらえませんか?』に出演していて、以前から3人が地上波の番組に出られるよう、周囲に頼み込んでいた」(同前)

 だが、まだ地上波本格復帰には、ほど遠いと語るのは、芸能プロ社員だ。

「ジャニーズとのしがらみで最もガチガチな“音楽番組”には出られていませんからね。最近は各局、長時間の音楽特番をやっていますが、日テレの司会は櫻井翔、TBSは中居。他局の特番でもジャニーズのグループがたくさん出るので、『新しい地図』が出演する可能性は今後も極めて低い」

 18年4月に草磲剛(45)と香取慎吾(42)のユニット「SingTuyo」でリリースされた「KISS is my life.」はオリコンデジタルシングルランキングで週間1位を獲得した。

「その頃、香取は酒の席で、『なんでMステ出られないんだよ〜』とコボしていました」(香取の知人)

Mステへの出演が「無理」な理由

 前出の芸能プロ社員が解説する。

「『ミュージックステーション』(テレビ朝日)には毎週ジャニーズタレントが出演するジャニーズ枠があるし、スタッフは、関ジャニ∞が出演する同局の『関ジャム 完全燃SHOW』と同じ。しかもテレ朝は出資するAbemaTVが一昨年、『新しい地図』が出演して話題となった『72時間ホンネテレビ』を放映した際、ジャニーズからかなり文句を言われたこともあり、3人の起用に一番慎重になっている。Mステへの出演は無理でしょう」

 音楽活動も活発な「新しい地図」は11月に、草磲が初のソロライブ「草磲剛のはっぴょう会」を開催。

「昔から仕事してきたテレビマンも観に来ていましたが、招待状が送られていた各局の音楽番組担当者はほとんど姿を見せませんでした」(ライブ関係者)

 もう一つの壁も。

「1月1日に、香取がソロアルバムを出しますが、1週間後の8日には木村拓哉がやはりソロアルバムを発売します。木村は2月に代々木体育館でコンサートを行いますが、3月には『新しい地図』が同じ場所でファンミーティングを開催。ファンの間ではザワついています」(スポーツ紙記者)

 来年は芸能界の古い地図も塗り変わるとよいが。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2019年12月19日号)