大法院(日本で言う最高裁)などが立地する司法の中心〔PHOTO〕Wikimediacommons

写真拡大

「どっちのデモに行った? 瑞草洞? 光化門?」

少なくとも8月半ばまで、韓国の「広場」を占拠していたのは、いわゆる「反安倍デモ」なるものだった。集まっていたのは、ホワイト国からの除外など日本の貿易規制強化に抗議する人々だ。

「反日ではなくて反安倍政権なんです。日本や日本人が嫌いというわけではなく」

ところで、今やそんなものはどこかにふっとんでしまった。

広場の景色は一変した。「反安倍デモ」などとはケタ違いの大群衆が、広場を埋め尽くしている。

●9月28日(土)瑞草洞(主催者推算 200万人)
●10月3日(祝日)光化門(主催者発言 300万人)
●10月5日(土)瑞草洞 
●10月10日(祝日)光化門

「瑞草洞(ソチョドン)」も「光化門(クァンファムン)」もいずれも地名だ。どちらの場所で行われたかで、その集会の性格がわかる。瑞草洞は漢江(ハンガン)の南側にあり、大検察庁、大法院(最高裁判所)、ソウル中央地検などが集まる「法曹タウン」、司法の中心である。

大法院(日本で言う最高裁)などが立地する司法の中心〔PHOTO〕Wikimediacommons

一方、光化門はソウル市の中心部、前方に景福宮(キョンボックン)、その奥には大統領官邸を望む位置にある。2016年末から2017年にかけて当時の朴槿恵大統領退陣を求める大規模なロウソク集会が開かれた、反政府集会のメッカである。

その2つの場所が、今、韓国で最も注目されている。

先に狼煙が上がったのは瑞草洞だった。そこで「検察改革を求める集会」が開かれたのは9月28日、参加人数は主催者側推測で約200万人とされた。

「200万人!?」

ネットやSNS(ツイッターやカカオトーク)で速報を伝え聞いた多くの人が、とんでもない数字に仰天した。ソウルの人口が約1000万人、その5分の1の人数だって? しかも現場には大人数が集まる広場はない。群衆に埋め尽くされたのは周辺一帯の道路だという。

詳しくは後述するが、韓国は検察の権力が極めて強く、文在寅大統領にとって検察改革はかねてからの悲願であった。その改革の理論的支柱とも言えるのが、現在、疑惑の渦中にあるチョグク氏である。文大統領がチョグク氏を法務部長官に就任させたのも、まさに検察改革のためだった。

大検察庁前では以前からも、その改革を支持する人々の集会が行われてはいたが、小さなものだった。それが28日に突如、みんながびっくりするほど大きなものになったのだ。

「あそこで200万? いくらなんでも無理でしょう」「あり得ない。どれだけ集まっても20万人ぐらいじゃないか」「まあ主催者発表とはそんなもんだよ」「いや、盛りすぎだ」

たちまちにしてSNSでは疑問の声が上がっていた。韓国では警察が参加者の人数を発表しないため、メディアは主催者側の発表と独自調査で数字を出す。実際、一部のメディアは200万人という数字をそのまま見出しにして掲載した。

「あれは検察の罠だ」

この数字がある意味、起爆剤になったとも言える。その数字に陶酔する人、その数字に反発する人。それは今の韓国における対立を象徴するものだった。その日のうちに、私の身近でも対立が起きていた。

現場近くに住む友人の夫(50代)はSNSで集会の情報を入手し、一人で出かけていったという。

「ちょっと様子を見てくる」

そして帰ってくるやいなや、興奮冷めやらぬ様子でまくし立てたそうだ。

「おい、200万人だぞ、わかるか。これが韓国民主主義の真骨頂だ。もう検察の好きにはさせない」

「200万人?! うっそでしょう。あそこにそんな集まれるわけないし。それになんであなたがチョグクのためのデモに行くの? チョグクはいろいろ問題があるじゃないの」

夫が持ち帰ったチラシには「チョグク守護」と書いてあった。

「検察の罠なんだよ、あれは」

その日は夫のテンションはとても高く、ずっと話を止めなかったという。

「途中で反論するのをやめました。早く寝たかったから。それに検察改革は必要だとしても、チョググ守護というのはおかしいと思うんですよ。もう喧嘩になりそう」

実は、この「チョグク守護」の部分がひっかかるという人は少なくない。だからこの日、隣で小さく行われていた保守派による「チョグク反対集会」にもついでに参加した人、つまり両方の集会にダブル参加した人もいるのではないかと、その時点では言われていた。それほど錯綜していたのだ。

友人の夫だって、当初は「様子を見に行った」だけだった。私自身も「守護」という言葉に、かつて盧武鉉大統領を守れなかったことへの慚愧は感じたが、それでも理解できないことが多かった(盧武鉉元大統領もやはり検察改革を行おうとして道半ばで倒れた。しかも自ら命を断つ3週間前に、検察に出頭して過酷な尋問を受けていた)。

燃え上がる「反政権」デモ

しかし、この「200万人」が双方を刺激した。10月3日にはこれに対抗する野党と保守派の集会が、今度は光化門で開かれた。こちらのスローガンは「チョグク辞任、文政権退陣」である。

チョグク長官一家への深まる疑惑、それにともなう国民的不信を背景に、情勢は野党にとって有利に動いていると思われてきた。そこに飛び込んできた200万人という数字。信憑性はともかく、それが拡散していく状況に危機感を感じた。それが全国的な結集につながった。

友人のお母さん(60代後半)は釜山からこの集会のために、チャーターバスに乗ってソウルにやって来た。

「母は政治的な人ではありません。でも、矢も盾もたまらず、友だちと一緒に来たというのです」

日頃、保守派の集会といえば一部のプロテスタントの教会や軍人会などの組織動員が多いのだが、この日の様子は違っていた。野党関係者は「あの瑞草洞が200万人なら、今日は300万人だと」と発言したが、実際にこの日の光化門に集まった人が、瑞草洞をはるかに超えていたのは航空写真などからも一目瞭然だった。参加者は実際にも100万人を超えていたと言われ、それは保守派の集会としては過去最高だった。

それを見て、次は瑞草洞派に気合が入った。前回「盛った」と言われてしまった動員数を現実的に挽回しなくてはいけない。10月5日には前回を上回る規模の集会が瑞草洞で行われ、さらに10日には光化門と、両派のせめぎ合いが続いた。

韓国の人は今、とても怒っている

地方からバスに乗ってまで駆けつけるほどの、その人たちはどんな気持ちなのだろう?

まずは、みんな怒っている。それぞれの集会に参加した人が、それぞれの理由で怒っている。わかりやすいのは光化門に集まる、「反チョグク・反文在寅」の人々だ。

彼らの最大の怒りは、チョグク長官一家の一連の不正疑惑である。疑惑の詳細に関しては、日本でも散々報道されているようなので、ここでは説明しない。ただ、日本のワイドショーで使われていた「タマネギ男」という表現は、少なくとも韓国の地上波TVなどで使われていない。

人々はもっと真剣に怒っている。怒りの対象は、そういう疑惑がありながらも彼を長官に任命した文在寅大統領にも及んでいる。朴槿恵大統領の時はあんなに厳しく不正を糾弾したのに、自分の側近となったらそれを認めるのか、それはおかしいではないかということだ。

一方、わかりにくいのが、瑞草洞で集会を開いている人たちの怒りだ。彼らもものすごく怒っているのだが、それは「疑惑のチョググ」に対してではなく、彼の一家を捜査している検察に対してである。現地の新聞の言葉を借りるなら「検察の過剰捜査」、その横暴ぶりが常軌を逸しているというのである。これについて、12日も瑞草洞のデモに参加する予定という40代女性の怒りを紹介してみる。

「だってチョグク長官の奥さんは身体の具合が悪いのに、11時間も家宅捜査をしたんですよ。そして聴聞会の日に合わせて、彼女を起訴するというのも、あきらかな嫌がらせです。検察はチョグク長官をなんとかつぶしたい。そのために、家族に対して過酷な取り調べをしているのです」

「検察から最初からチョグク長官を狙っていたんです。周辺の小さな疑惑をかき集めて、メディアにリークしていく。いつもの検察のやり方です。独裁政権時代から何も変わっていない」

複数の人に聞いてみたが、だいたい同じような答えだ。中には他の事件の取り調べとのバランスの悪さを訴える人もいた。現政権に近いハンギョレ新聞の10月7日付の社説は、瑞草洞デモのについて次のように書いている。

「チョグク法務部長官一家に対する検察捜査が行き過ぎだと判断した市民たちは、ややもすれば検察改革が挫折するかもしれないという危機感から決起したのだろう」

心配する人、困惑する人々

怒りは伝わってくるのだが、聞いても聞いても、ストンと落ちないことがある。そもそも、チョグク一家の取り調べを指揮しているユン・ソギョン検察総長は、文在寅大統領が「公正さ」を見込んで自ら指名した人だ。

「大統領府であれ、与党であれ、権力型の不正があれば、厳正に対処してほしい」

この、文大統領が自らが望んだ「厳正な対処」が、結果的に「過剰な対処」になっているということなのだろうか。

「文大統領はナイーブだったんですよ。検察の怖さを見誤った。彼らは改革などするつもりはなかった」

政権に近いメディア関係者は言うが、だとしたら、なおさらチョグク法務部長官の任命を見合わせればよかったのではないか。すでに疑惑が出されている時点で、任命を強行した理由がわからない。

検察改革は文大統領にとっての悲願である。それは間違いない。そのために自ら選んだ検察総長と法務部長官。その2人が対立し、しかも、それぞれ応援勢力が街頭で大規模なデモや集会を繰り広げている状況。それが従来の保守派と進歩派に分かれて先鋭化し、国が二分的にするような事態になっていること。これは予想されたことだったのか。ここまで痛みが伴うことだとわかっていたのか。たとえば、他の検察総長ではダメだったのか。なぜチョグク法務部長官でなければダメなのか。何度聞いてもピンとこない。

それは私が外国人だからではなく、一般の韓国人にも理解できない人はいる。そういう人たちは瑞草洞にも光化門にも行かずに、心配をしている。決して、無関心というわけではない。何をどう信じればいいのかわからず、いったい韓国社会がどうなっていくのか、とても心配だという。

大学生など、若い世代も困惑しているようだ。瑞草洞デモの中心は40代、光化門デモはさらに上の世代が中心だ。

「検察改革は必要だけれど、でもチョグクを守れとは叫べない。それは別の問題だと思う」という意見はよく聞く。その根っこには、やはりチョグクの娘が受けていたという特権、それに対する「白け」(怒りと諦め)がある。綺麗事を言っても、やはり特権階級にいる人たちなのだと。

「僕はどちらのデモにも行きません。どちらかを選べと言われても困るし。父は一生懸命デモに行っているんですが」

知り合いの大学生はそう言っていた。そもそも彼らは上の世代のように、二元論的な文化では育っていない。旧世代である私でさえ、どちらの集会に行くかと聞かれたら答えに躊躇するのに、若い彼らはとても悩むと思う。

善悪とか白黒とか、そして左右とか米中とか? もう二者選択できるような世界ではない。アジアでも冷戦が終結しようとしている今、人々も国家も一度はバラバラになる。敵と味方に美しくグループ分けされていた時代ではない。

分裂を繰り返す、混迷の時代。

「考えていてはいけませんか? 今はじっくりと」

大学生に言われた。その方がいいと思った。若い人たちは、大人たちの興奮から少し引いて、今はいろいろ考えてみた方がいいと思った。