映画「マチネの終わりに」の完成披露試写会に出席した(左から)西谷弘監督、板谷由夏、桜井ユキ、石田ゆり子、福山雅治、伊勢谷友介、木南晴夏、古谷一行(撮影・滝本雄大)

写真拡大

 歌手で俳優の福山雅治(50)と女優・石田ゆり子(50)が7日、都内で行われた映画「マチネの終わりに」(11月1日公開)の完成披露試写会に出席。息の合ったやり取りを見せて会場を笑いに包んだ。

 共に50歳と同い年の福山と石田の2人。20代前半にCM共演はあるものの、ドラマと映画では共演歴はなかった。石田が「実は(福山と)同い年なんです」と切り出すと会場から「え〜」と驚きの声も上がり、福山が「『え〜』ってどういうこと」ってツッコミを入れる一幕も。

 続けて石田が「一度もドラマでも映画でも(共演が)お会いしたことがなく、この作品で福山雅治さんと一緒になることになってたんだなと感無量でございました」と話したことに対し、福山が「運命の共演ですね。(運命を)感じました。作品の内容のように」と返すと会場からは歓声が上がった。

 また、福山が原作について「最初から、(ヒロインの)洋子って存在は石田さんをイメージして読んでいたので、早く洋子に会いたいと(思っていた)」と明かし「『Oh Yoko、Oh Yoko』と思って初日の撮影を迎えました」と同作の舞台がニューヨークでもあることからジョンレノンの名曲「Oh Yoko」を交えたジョークで笑いを誘った。しかし、石田が「会ったのは東京ですよね…」と真面目に返すと、福山が「いいじゃないですか」とツッコミを入れて、会場は爆笑だった。

 終始、息の合った掛け合いを見せた同い年コンビ。最後は福山が「この映画をご覧になって、皆さんの心の中にある忘れられない人、思い出、ご自身の人生の中で大切な人ともう一度会いたくなるような作品。良かったという感想の声を期待しています。楽しんでください」とアピールして締めくくった。

 同作は、福山と石田が初共演を果たしたラブストーリー。東京、ニューヨーク、パリを舞台に音楽家とジャーナリストの男女2人が、出会い、悩み、愛した6年が描かれている。