9月18日放送、『あなたの日本語大丈夫? 笑われるニホン語』(C)テレビ東京

写真拡大

 テレビ東京系で18日、2回目となる『あなたの日本語大丈夫? 笑われるニホン語』(後6:55〜9:00)が放送される。テレビ等で活躍する芸能人たちが、小学生レベルの問題で赤っ恥解答を連発する“惨劇”を見て、笑いながら正しい日本語を学べる、新感覚教養バラエティー。

【写真】その他の収録の模様

 パネラーとして出演するのは、石原良純 、カミナリ(竹内まなぶ、石田たくみ)、島崎和歌子、濱口優よゐこ)、久本雅美、ビビる大木、丸山桂里奈、若槻 千夏(※50音順)。MCは、バナナマン(設楽統・日村勇紀)、竹崎由佳アナウンサー。

 前回に続いて丸山は異次元解答を連発しスタジオ中を混乱させる。 長男に英才教育をしているという若槻千夏は、自身に付いている「おバカキャラを封印したい」と、意気込んでいたが…。

 今回、一番ヤバかったのは、濱口。「バカがテレビに出る時代はもう終わった」と言い放ち、自分の首を絞めることに。緑のおじさんパー助(日村)には九九が苦手な事を暴露され、一番得意な「0の段」(!?)を披露する。

 さらに、濱口がやらかしたのは、昼ドラ風のショートドラマを通して、大人が知らないと笑われてしまうニホン語を紹介する「笑われる夜の奥さま劇場」のコーナー。「お葬式」をテーマに、高野山真言宗功徳院の松島龍戒住職を招いて仏式のお葬式に相応しい日本語を学ぶ中、「香典袋を渡すときに相応しい言葉」として、濱口は「ご臨終です!」と解答。松島住職に「論外です」と切り捨てられる。