「誰かの憧れや共感の対象になれたら…」難病の18歳が描く夢

ざっくり言うと

  • 脊髄性筋萎縮症という難病を抱える車椅子の18歳女性が夢を語っている
  • 服飾デザイナーやモデルを経験し、認められたことで達成感を得たという
  • 自分探しの途中だといい、「誰かの憧れや共感の対象になれたら」と語る

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング