岡田とは衝突することも多かった?

写真拡大

「大変なことが起きているなと、すぐにわかりました。毛布にくるまれて救急車に運ばれる女性が見えたんです。彼女は錯乱していたのか泣き叫んでいました」(目撃した近隣住人)

 11月5日の朝7時、東京・世田谷区の住宅街にある3階建てのマンション前は騒然としていた。救急車に続いてパトカーが次々と駆けつけ、複数の警察官が慌ただしく出入りする。すぐに私服の刑事もやってきた。

 この時、救急搬送されたのは、女優の田畑智子(34才)だった。多くのメディアを騒然とさせた田畑の自殺未遂騒動から1週間。その全容が徐々に明らかになってきた。

「現場マンションは、彼女が4年前から交際している岡田義徳さん(38才)の自宅で、第一発見者も岡田さんでした。彼が地方ロケの仕事から帰宅したところ、田畑さんが手首から血を流していたんだそうです」(スポーツ紙記者)

 田畑自身が救急車を呼び、冒頭の騒ぎとなったわけだが、「睡眠薬をのんで手首を切った」とする自殺未遂報道を両者の事務所は否定。「かぼちゃを切っていて手を滑らせた」と説明している。騒動はなぜ起きたのか。田畑を知る芸能関係者が語る。

「岡田さんとの関係で思い悩んでいた部分はあったのかもしれない。あのふたりは2011年に交際が発覚して以降、くっついたり離れたりを繰り返していましたから…。田畑さんは、つきあった男性に依存してしまうタイプで、結婚願望も強いんです。それに、少し情緒不安定なところがあって…。一方の岡田さんは、今は仕事優先というスタンス。ふたりは衝突することも多かったといいます」

 岡田のマンション住人によれば、事件の2週間前にも不穏な気配を感じたという。

「日中、岡田さんの部屋から女性の叫び声が聞こえたんです。ドンドンとなにか壁を叩くような音もありました。その後、田畑さんが泣きながら外に出て行くところを見ました」(マンション住人)

 岡田はこの2か月、舞台の地方公演で家を空けることが多く、田畑との時間が充分に持てない様子だったという。

「自宅にひとり残された田畑さんは、直接彼と話すことのできない状況に不安を覚えていたそうです。そういう状況が積み重なって、精神的に沈んでいったのかもしれません…」(前出・芸能関係者)

※女性セブン2015年11月26日号