付き合っていた当時のジャスティン・ティンバーレイクとキャメロン・ディアス (c)Hollywood News

写真拡大

先日俳優のジョニー・デップが、昨年6月に14年間の月日の末に破局したヴァネッサ・パラディとの共演の可能性について語り話題になった。今回は、私生活のパートナーシップを解消した後も、ビジネスでパートナーを組んだセレブカップルたちを紹介する。

俳優・歌手のジャスティン・ティンバーレイクと女優のキャメロン・ディアスは、2007年まで4年間にわたって交際していた。破局後、二人はコメディ映画『バッド・ティーチャー』(11)で共演し、息のあった掛け合いを見せている。キャメロンは「この役にピッタリだったのがジャスティンだったの。彼は素晴らしいコメディアンよ」と語っている。

女優のグウィネス・パルトローと俳優のベン・アフレックは、1997年末から約1年交際していた。二人は2000年に映画 『偶然の恋人』でカップルを演じて、話題になった。
また、ドラマ「ゴシップ・ガール」で出会った女優のブレイク・ライヴリーと俳優のペン・バッジリーは3年間にわたる交際の末、2010年に破局した。その後も二人は同作で共演するのだが、どこかよそよそしい雰囲気を醸し出していたようだ。

人気バンド「ノー・ダウト」のメンバーであるグウェン・ステファニーとトニー・カナルは、バンド結成後の1987年から7年間にわたる交際の末破局した。しかし、破局後も二人は良好な関係を維持しており、昨年にはバンドとして約10年ぶりの新作アルバムをリリース。さらに、グウェンのソロアルバムにトニーが参加するなど、音楽上の絆は非常に強いままだ。

高級ブランドDolce&Gabbana[ドルチェ&ガッバーナ]のデザイナーのドメニコ・ドルチェとステファノ・ガッバーナは、ゲイカップルであると公言していて、公私ともに良きパートナーとして約20年を過ごした。2005年に破局した二人だが、それ以降もビジネスではパートナーシップを結んでいる。

このように私生活では別れた後も、共に仕事をするセレブたちは少なくない。ビジネスでの可能性を減らさないためにも、良い別れ方をするのが重要になりそうだ。【橋本 トミオ】