松井珠理奈

写真拡大

「来年は私たちが海外に行かなきゃ! 本当のライバルは世界の48グループ」

 5月16日の総選挙で初の新女王に輝いた松井珠理奈(21)は、来年は海外で総選挙開催を訴えた。しかし、すでに国内ではイベント中継の視聴率も低迷、AKBはとっくに終わっていると見る向きも――。

 ***

「今年の総選挙の視聴率は11.0%(ビデオリサーチ調べ:関東地区、以下同じ)で、過去最低と報じられています。たしかに過去最低の数字ではあるのですが、中継したフジテレビはホッとしているかもしれませんよ。一昨年は17.6%、昨年が13.2%と着実に落ちてきているのですが、とりあえず2ケタは確保できたのですから。かつてフジが民放の王者だった頃なら別ですが、いまや1日のうち2ケタを取る番組がひとつもない日があっても驚ろかないほどなのですから。11.0 %だって貴重な2ケタという見方もできます」(他局プロデューサー)

 そこまで落ちたか……。

松井珠理奈

「もっともこの11.0%は2時間半ある番組の後半、午後8時51分〜9時24分までのおよそ30分、選挙のクライマックスの数字です。より時間の長い前半(午後7時〜8時51分)ともなると5.7%で、もはや打ち切りも考えざるを得ない低視聴率なんです。バリバリのゴールデンタイムで5%台はキツい。前後半を合わせた本当の視聴率は10%を遙かに下回ることになります」(同・他局プロデューサー)

第5回総選挙がピーク

 ちなみに昨年の前半は6.1%だった。となると、歴代の視聴率も知りたくなってくる。

 前田敦子(26)が1位(4630票)となった第1回総選挙は、2009年7月8日に赤坂BULITZで開催されているが、この頃はまだテレビ中継はされていない。放送されるようになったのは第4回総選挙の行われた12年6月6日からのこと。

第4回総選挙(12/06/06)会場:日本武道館
 1位:大島優子(10万8837票)/総投票数:138万4122票
 18.7%(19時00分〜21時09分)

第5回総選挙(13/06/08)会場:日産スタジアム
 1位:指原莉乃(15万570票)/総投票数:264万6847票
 1部: 9.9%(18:30-19:00)
 2部:20.3%(19:00-21:15)※瞬間最高32.7%(21時01分)
 3部:13.2%(21:15-23:10)

第6回総選挙(14/06/07)会場:味の素スタジアム
 1位:渡辺麻友(15万9854票)/総投票数:268万9427票
 1部: 9.7%(18:30-19:00)
 2部:16.2%(19:00-21:22)※瞬間最高28.7%(21時04分)
 3部:11.4%(21:22-23:10)

第7 回総選挙(15/06/06)会場:福岡ヤフオク!ドーム
 1位:指原莉乃(19万4049票)/総投票数328万7736票
 1部: 7.5%(18:30-19:00)
 2部:10.3%(19:00-20:55)
 3部:18.8%(20:55-21:54)※瞬間最高23.4%(21時43分)

第8回総選挙(16/06/18)会場:HARD OFF ECOスタジアム新潟
 1位:指原莉乃(24万3011票)/総投票数325万5400票
 1部: 6.2%(18:30-19:00)
 2部: 8.7%(19:00-20:51)
 3部:17.6%(20:51-21:24)※瞬間最高19.9%(21時10分)

第9回総選挙(17/06/17)会場:豊見城市立中央公民館
 1位:指原莉乃(24万6376票)/総投票数:338万2368票
 1部: 6.1%(19:00-20:49)
 2部:13.2%(20:49-21:24) ※瞬間最高16.2%(20時57分)

第10回総選挙(18/06/16)会場:ナゴヤドーム
 1位:松井珠理奈(19万4453票)/総投票数:383万6652票
 1部: 5.7%(19:00-20:51)            
 2部:11.0%(20:51-21:24)※瞬間最高13.8%(20時59分)

 といった具合である。

かつては4時間半もの大中継

 改めて驚くのが、初の総選挙で1位を獲得した前田の得票数の少なさ。この時の総投票数は未集計だそうだが、こじんまりとしたものである。ただ、熱烈なファン以外にとって、AKB48のトップといったら前田敦子のイメージが強いのではないだろうか。

 初のテレビ中継となった第4回は2時間ちょっとで、まだ時間によって分割されてはいなかった。大島優子(29)が第2回以来2度目の1位となった選挙である。平均で18.7%は大したもの。

 そして指原莉乃(25)が初めて1位となる第5回総選挙は、中継時間が4時間40分と大幅に拡大され3分割される。ここで早くも視聴率のピークを迎えるのだ。32.7%という瞬間最高視聴率を記録した第2部は、平均でも20%超えである。

 渡辺麻友(24)が1位となった第6回も前回同様の4時間40分枠だったが、平均(2部)は16.2%に落ちる。

 さすがに5時間近い中継はやり過ぎと思ったのか、指原が20万票に迫る得票でV2を遂げた第7回は3時間半に縮小され、平均(3部)18.8%と視聴率はやや持ち直すも、平均20%超えはならず。

 指原が24万票を得て史上初の2連覇を達成した第8回は、さらに時間を縮小し3時間としたが、総選挙始まって以来、総投票数が前年を下回る結果に。瞬間最高視聴率でも20%を超えることはなくなった。

 そして指原がV4を遂げた第9回の中継は2時間半に縮小された。瞬間最高視聴率が辛うじて15%超えとなったが、平均でも13.2%。

 さらに今年の第10回は、平均でもあと少しで1ケタという有様だったわけである。

海外どころじゃない

「番組を分割するのは、番組スタート時の数字が取れない部分をカットして、より平均視聴率を高く見せようとするやり方で、スポンサーの印象がよくなりますし、場合によっては視聴率のいい一部のみを販売することもできるから。NHKの紅白だって2部制にしていますし、フジテレビだけがやっている手法ではありません。ただ、2時間半の枠を分割しても、数字のよいほうでも平均11%では意味がないでしょうね。しかも、より時間の長い1部の平均が5.7%では目も当てられない。たとえいまのフジテレビでも、ゴールデン5%というのは大問題になる数字でしょう。来年の生中継は辞めようという話が出てきてもおかしくないでしょう」(同・他局プロデューサー)

 さらにそこに、珠理奈女王より下された世界開催案である。

「たしかにAKBグループはいま、インドネシア(ジャカルタ)のJKT48、タイ(バンコク)のBNK48、台湾(台北)のTPE48、フィリピン(マニラ)のMNL48、中国(上海)のAKB48 TeamSH、インド(ムンバイ)のMUM48、ベトナム(ホーチミン:旧サイゴン)のSGO48と7グループが展開(一部はこれから)しています。これまで国内のグループの拠点で開催してきましたから、世界開催も理屈では通ります。でも、海外で開催ともなれば、生中継は国内よりもお金がかかるでしょうし、人員問題など何かと手間もかかるでしょう。フジには、数字も取れねえくせに余計なこと言うンじゃねえよ、と思っているスタッフもいるでしょうね。一部の熱狂的ファンは別にして、かつてのAKBは一般の人にも、前田敦子をはじめとする“神7”の面々の顔は知られていました。でも、今はそれもないですからね。AKBってもはやオワコンになりつつある」(同・他局プロデューサー)

 フジの悩みは深い――。

週刊新潮WEB取材班

2018年6月25日 掲載