独自の路線を期待

写真拡大 (全2枚)

 この4月の改編では、フジテレビ朝の長寿番組『とくダネ!』にメスが入った。メインMCの小倉智昭氏(70才)はそのままに、2人の人気局アナが参戦する格好に。ピン芸人・おばたのお兄さんと結婚したばかりの山崎夕貴アナ(30才)と、アミーゴの愛称で知られる伊藤利尋アナ(45才)がMC陣に加入した。忖度知らずの超辛口コラムニスト今井舞さんは、山崎アナについて、このように分析する。

「MC小倉を引き立てる空気を壊さないことが、この番組の出演者に求められる最も重要な仕事。女子アナに漂いがちな自己顕示欲や上昇志向のにおいゼロの山崎アナには、ある意味うってつけかも。“あなたの敵ではありません”といった低姿勢に見えるけどあれ、単に小倉さんに興味がないだけと私は見ていますが(笑い)。帝王・小倉に物怖じすることなく、彼の話を傾聴しているように見せかけて、実は頭の中で晩ごはんの献立を考えているような、独自の路線を引き続き期待したいですね」(今井さん、以下「」内同)

 もう1人の伊藤利尋アナについては、どうだろうか。

「笠井信輔アナ(55才)は小倉さんに心酔していたのが見て取れましたが、この人は全く。頭は深く下げているものの、魂は決して売り渡さない“ビジネス腰巾着“。番組のつつがない進行のみを目指し、小倉さんの言いたいことをわかりやすく伝える翻訳マシンと化しています。本人にキャラクターの色は特にありませんが、アナウンサーとしての安定感は抜群。きっちり伝えて、しっかり回せる。見ているうちに視聴者は、“あれ、小倉いらなくね? 伊藤&山崎だけでよくね?”となっていくかも。今回のこのリニューアルが、小倉不要のターニングポイントになる可能性が」

◆アイドルアナ路線じゃないことに一刻も早く気づくべし

 山崎アナが『とくダネ!』にスライドしたことで、『ノンストップ!』でのバナナマン・設楽統(44才)の新パートナーには、これまで料理コーナーを担当していた三上真奈アナ(29才)が就いた。

「昔ながらのかわい子ちゃんメンタルのキャバクラアナで、既存の女性コメンテーターからはかなり嫌われるでしょうね。山崎アナが和気あいあいと回せていただけに、台本に書いてあることを言うだけで精一杯の稚拙がつらい。メイクもやりすぎで、ファンデーション白塗り、リップ濃すぎでバカ殿みたい。

『おまえ、自分で思っているよりブスだからな』と有吉に言われた過去を思い出し、鏡を見ながら出直してほしいですね。たぶん、自分はアイドルアナ路線だと思ってるんでしょうけど、会社も視聴者も全くそうは見ていない。そこに気づかぬままフリーになり、痛アナとして消えていく。そんな未来が私には見えます」

 4月1日スタートのフジテレビのスポーツニュース番組『S-PARK』は、カトパンこと加藤綾子アナ(32才)がMCを務めた『スポーツLIFE HERO’S』の後継番組。このジャンル初挑戦となる宮司愛海アナ(26才)がMCだ。

「宮司アナどうこう以前に、セットが安っぽくて、CSの番組かと思いました。そんな中で、脱キャバクラアナを目指す宮司アナのベクトルには好印象。ナチュラルメイクにノーアクセサリー、落ち着きを目指したトーンの声に、かわいいだけが売りの女子アナはやりませんという、強い意志を感じました」

※女性セブン2018年4月26日号