ソフトバンクのプリペイドでシンプルケータイ「Simply」が販売開始!

ソフトバンクは8日、これまで携帯電話サービス「Y!mobile(ワイモバイル)」向けに販売してきた「The 電話」をコンセプトに開発したシンプルで使いやすいセイコーソリューションズ製ストレート型ケータイ「Simply(シンプリー)」(型番:602SI)を携帯電話サービス「SoftBank」のプリペイドサービス「シンプルスタイル」向けで2017年12月15日(金)より販売すると発表しています。

価格は公式Webストア「ソフバンクオンラインショップ」では無料チャージ4,000円分付で6,458円(税込)。本体カラーはレッドおよびダークブルー、ホワイトの3色が販売されており、合わせてシンプルスタイルの4Gケータイ向け新料金プランとして「100MBプラン」を提供開始されています。なお、SIMロック解除にも対応しているとのこと。


Simplyは電話やメールなどの最低限な機能だけを搭載したことによって分かりやすいメニュー画面を実現し、シンプルで使いやすくなったストレートタイプのケータイです。中でもPHSで人気のあったストレートタイプということで、2018年3月末に新規契約が終了するPHSからの乗り換えも促すように開発されました。

またWeb閲覧もフルブラウザーに対応しているほか、ハンズフリーやバイリンガル、緊急速報メールに対応。OSはAndroidベースでオープンソースのAOSPを用いていますが、アプリの追加には対応しておらず、Google Playにも非対応。また防水・防塵やおサイフケータイ、生体認証、ワンセグなどにも非対応。

主な仕様は約2.4インチQVGA(240×320ドット)TFT液晶(最大65536色)や1.1GHzクアッドコアCPU、1GB内蔵メモリー(RAM)、8GB内蔵ストレージ、microSDHCカード(最大32GBまで)、約200万画素CMOS背面カメラ、赤外線通信、microUSB端子(USB 2.0)など。なお、イヤホンマイク端子はmicroUSBで利用可能。サイズは約132×50×13.8mm、質量は約115g。


電池容量は1770mAhバッテリーで、連続待受時間および連続通話時間は4G(FDD-LTE方式)で約500時間および約600分、3G(W-CDMA方式)で約800時間および約800分。充電時間は約180分で、Quick Charge 2.0は非対応となりますが充電は可能。最大通信速度は下り112.5Mbpsおよび上り37.5Mbpsで、ソフトバンク網では4G(FDD-LTE方式)のBand 1および8、3G(W-CDMA方式)のBand 1および8となっています。

新たに提供が開始されたシンプルスタイルの100MBプランは利用料金税込324円(パケット通信定額料)で通話やS!メール、SMS、4Gパケット通信が利用できるもの。通話料は別途、全国一律9.27円/6秒(税込)がかかります。



記事執筆:memn0ck


■関連リンク
・エスマックス(S-MAX)
・エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
・S-MAX - Facebookページ
・Simply 関連記事一覧 - S-MAX
・“ソフトバンク”、基本使用料無料の「シンプルスタイル」向けに「Simply」を12月15日発売 | ソフトバンク株式会社 | グループ企業 | 企業・IR | ソフトバンクグループ
・電池持ち1週間超えケータイ「Simply」がシンプルスタイルに新登場 | 個人のお客さまへのお知らせ | お知らせ | モバイル | ソフトバンク
・Simply | 製品情報 | モバイル | ソフトバンク
シンプルスタイル Simply(シンプリー) | 購入機種をさがす | オンラインショップ | ソフトバンク