1日、トイレ環境の改善を目指して中国で進められる「トイレ革命」について、環球網は「韓国企業にもメリットがある」とする韓国メディア・亜洲経済の記事を取り上げた。資料写真。

写真拡大

2017年12月1日、トイレ環境の改善を目指して中国で進められる「トイレ革命」について、環球網は「韓国企業にもメリットがある」とする韓国メディア・亜洲経済の記事を取り上げた。

記事は「中国が大々的にトイレ革命を推進することで、ポリ塩化ビニル(PVC)などの石油化学製品の需要は激増。これに伴い、韓国の化学企業も売り上げ増が見込める」というもので、インドの衛生環境改善キャンペーン「クリーン・インディア」を例に挙げて「インド政府のトイレ・下水道整備計画発表後にPVC製品のニーズは急増、関連する韓国企業のインド向け輸出も大幅に増えた」と紹介している。

記事によると、韓国のLG化学とハンファケミカルの主な製品はPVCで、中国の需要増はこれら企業に直接的な利益をもたらす。記事はまた、「2015年から中国の主な観光地を中心に進められている『トイレ革命』にはすでに200億元(約3390億円)以上の資金が投じられた」と紹介し、この動きが全土に広がれば投入資金の規模が現在の100倍に達する可能性もあるとしている。(翻訳・編集/野谷)