気になる男性からデートに誘われても、「ひょっとして身体目的かも……」と不安になってしまうことは少なくないでしょう。



出典:https://www.shutterstock.com

そこで今回は、男性が本命の女性には絶対にしないことを男性ライターの筆者がご紹介します。

 

■すぐに手を出す

本命の女性には、身体目的の男だと思われたくないため、デートに誘うのは積極的でも、実際に会うとすごく消極的な態度をとります。

これは、「体目的のゲスい男ではありませんよ」とアピールしているためです。

逆に体目的の男性がとる行動は、「お酒をガンガン飲ませる」「ボディタッチが多い」「下ネタを振る」などが挙げられます。

もし、このような言動が多く見られない場合、本命として見られている可能性が高いです。

 

■おざなりなデートプラン

「じゃあ、どこ行こっか?」待ち合わせして会った瞬間に、このような言動を本命女性にとることはありません。

本命女性とのデートは練りに練って計画します。

そのため、「これからどうしようっか?」というような行き当たりばったりなデートはありえません。

あまりに計画的過ぎて、全然ゆっくりできないかもしれません。

しかし、「楽しんでもらいたい!」と心から思ってのことなので、温かい気持ちで見守ってあげましょう!

 

■ドタキャン

上述したように、本命の女性と会う日が決まると、当日の流れをバッチリ計画します。

そのため、よほど重要な仕事などが入らない限り、ドタキャンはありえません。

本命じゃない相手だと、「別に嫌われてもいいからドタキャンしちゃえ」と考えるものです。

 

■電話に出ない

本命相手の電話は何より嬉しいもの。

そのため、深夜に電話をかけても出てくれる確率は高いです。

男性を試すのはあまり良いことではありませんが、

「今から電話していい?」とラインやメールを送った後に、電話を2コールくらいかけてみるのも良いかもしれません。

 

今回ご紹介した4つを覚えて、身体目的男に振り回されない恋愛をしましょう!

【画像】

※  Breslavtsev Oleg/shutterstock

【関連記事】

※ 男が「ソッコー結婚したい!」と思う彼女の振る舞い

※  「俺、エッチ下手なのかな?」と思われる女子のNG行動

※ したくてたまらない!男が「ムラムラしているとき」に見せる仕草

※ 「やってらんねーよ…」デート中に男の気持ちが冷める瞬間

※ 男性に「この子、気になるかも…!」と思わせるアピールテク

※ どーでもいいや。男の気持ちが「冷めている時」のエッチ