「ドラクエX」プレイヤーの実話をアニメ化

写真拡大

スクウェア・エニックスは、「ドラゴンクエストX オンライン」サービス開始から5年の間に生まれた“奇跡”のようなエピソードを映像化し、8月21日より特設サイト(http://www.dqx.jp/kiseki/)で公開を開始した。

第1弾として公開したのは、オリジナルアニメ「冒険者たちのきせき EPISODE1『名前の想い』」。制作陣・声優陣についても実力派が手がける本格的なアニメで、「ドラゴンクエストX」を夫婦で楽しんでいる女性が、自身のプレイヤーキャラクターの名前に込めた特別な想いについて描いている。

また、このアニメ公開に合わせて、同日より投稿者のエピソード原文やコメント、その他にも寄せられたエピソードを特設サイトで公開中だ。

今回映像化したのは、プレイヤーから寄せられた総数200以上のエピソードの中から選ばれた、3つの感動的なストーリー。9月にEPISODE2、12月にEPISODE3を公開する予定となっている。

☆出演声優
母役:島本須美(代表作:ナウシカ/風の谷のナウシカ)
父役:鳥海浩輔(代表作:今泉 俊輔/弱虫ペダルシリーズ)
妹役:藤田咲(代表作:キュアマカロン・琴爪 ゆかり/キラキラ☆プリキュアアラモード)

☆ストーリー
『ドラゴンクエストX』 を夫婦で楽しんでいる女性が、プレイするゲームのキャラクター名は『ゆきな』。自身のプレイヤーキャラクターの名前には、とても大切な想いが込められていた。そんな想いを持つ彼女が、『ドラゴンクエストX』が始まった記念日である8月2日に、ゲーム内で毎年あげられる花火を見て……。

☆原文エピソード

投稿者:ゆきなさん 「名前の想い」

「名前何にしようかな〜」
I〜IXまで毎回ワクワクとプレイしていたドラクエ。
しかし、今回は『オンライン』という言葉がついている。
オンラインの世界を全く知らない私は、初日組をあきらめ、
10日ほどアストルティア体験談をネットで見ながら勉強に励んだ。
なるほど!細かいキャラメイクができるんだ!
同じ世界に他のプレイヤーがうじゃうじゃいるんだw
お互いの名前が頭の上に表示されるんだ!
など、今にして思えばと言う事が、その当時はすべてが驚きだった。
そこで、私が決めた名前は亡き大切な娘の名前。
生後6ヶ月でこの世を去って、リアルでこの名前を呼んでくれた人は少なかったため、オンラインの世界でいっぱい呼んでもらえたらうれしいな〜と言う思いで決めた。
娘が成長したらこんな感じがいいな〜とキャラメイクのしたキャラの上に名前が表示されたときには「おおー!!」と一人で感動した。
はじめは、呼ばれるとこそばゆかったが、
4年過ぎた今では、たくさんのフレさんができ、
アストルティアを縦横無尽に飛び回っている。
そして、なにより嬉しい事が、もう1つ。
実は、ドラクエXが開始した2012年8月2日は娘の10歳の誕生日。
そのため、毎年、誕生日の8月2日には
アストルティアでは花火が上がり、みんなが「おめでとう!!!」と言っている。
それを母親自己満足フィルターで受け取り、
「みなさんありがとー!!!!」
と、目にジワーとしたものを感じながら感謝している。
スタッフの皆様、こんな素敵な世界を作ってくださりありがとうございます。
これからも、ワクワクする出会いや冒険を楽しんでいきたいと思います。