ふたりが結婚式を挙げた時、長男は小学6年生だった(2001年10月)

写真拡大

 不可解なブログと突然YouTubeにアップされた動画で注目を集める松居一代(60才)。2016年1月、本誌・女性セブンは松居との関係に疲れ果てた夫・船越英一郎(56才)が妻に三行半を突きつけたと報じていた。それまで芸能界きってのおしどり夫婦として知られてきたが、初めての離婚危機報道。その年末年始を船越は単身ハワイ・ホノルルに滞在し、帰国後も松居の待つ自宅には戻らず、自ら購入した別宅マンションで過ごしたと報じた。そして、現在船越は離婚調停申立書を裁判所に提出済みだ。

「その報道ぐらいから、船越さんは松居さんと距離を置いてほとんど連絡を取らなくなりました。自宅近くの別宅でひとり生活をしていました」(夫婦に近い芸能関係者)

 船越が離婚を真剣に考えたきっかけに、松居の前夫(1996年離婚)との間に生まれた息子(1989年生まれ)の存在は大きかった。2015年4月、息子が晴れて社会人となった。生後間もなくアトピーを発症し、病気に苦しめられてきた松居の連れ子に、船越は実の父親以上といっていいほどの愛情を注いでいた。2人が結婚したのは2001年のことだ。

「息子が受験に失敗した際も船越さんは全力でサポートし、就職活動でも、多忙な仕事の合間にいろいろな企業を調べて応援していました。その甲斐あって第一志望の企業に就職が決まった際、船越さんは男泣きしていましたよ。亡き父や妹の墓参りをして『みんなを犠牲にしたけどたった1人は幸せにした。みんなで息子を救ったと思ってください…』と報告したそうです。

 息子さんが独立するまでは…と前を向いてきた船越さんでしたが、夫婦の鎹だった息子が独り立ちして、松居さんと夫婦生活を続ける大きな意義も薄れていたんではないでしょうか」(船越の知人)

 2016年4月、息子の実父であり松居の前夫・Aさんが他界したことも、夫婦関係を冷やした。Aさんの連帯保証人として1億7500万円の負債を負い、17年かけてコツコツ返済した松居は生前からAさんに苦労させられた。

「Aさんには長年連れ添った内縁の妻がいるんですが、“喪主は息子に”と松居さんは強く主張したそうです。そして遺産もすべて息子が引き継ぐべきだ、と。実父が亡くなってすぐにお金の話をする母の姿を見て息子さんは絶句していたそうです」(Aさんの知人)

 苦労して自分を育ててくれた母親は息子にとって誰よりも大切な存在だろう。それゆえ、息子は船越にこう告げたという。

「息子さん、船越さんに“お母さんから離れた方がいいんじゃないか”と伝えたそうなんです。つまり離婚した方がいいよ、と。息子からの思わぬ言葉に船越さんも驚いたでしょうね。しかもお母さんをこうしたのはお父さんの責任もあるのではないかと冷静に言われズシンときたそうです。松居さんを支えきれなかったと自分を責めていましたね…」(前出・船越の知人)

 そして息子は母と住む家を出ていったという。愛する息子からの言葉だったからこそ船越は真摯に受け止めて心を決め、妻に離婚の意思を穏やかに告げた。

「そしてすぐにではなくても、1年以内には離婚届に判を押すという約束を松居さんと交わしたそうです。徐々に穏やかに距離を取って、いい形で卒婚できればと考えたんでしょう。だからこそ昨年7月の船越さんの誕生日にも松居さんが手作りしたTシャツを着て、一緒に祝ったそうです。でも約束が果たされる気配は一向になかったんです」(前出・夫婦に近い芸能関係者)

 4月、船越がMCを務めるNHKの『ごごナマ』が始まってますます多忙になる一方、松居はストレスや鬱憤からふさぎ込むことが多くなった。そして4月19日、夫婦に決定的なことが起こる。

◆1億円渡さないと死ぬ

 その日、船越のもとに松居から弱々しい声で『今から死ぬ』と電話があった。船越と息子宛に遺書も書かれていた。まさかとは思いつつ船越は必死で探し回ったという。

「見ていられないほど必死でした。周囲が“きっと大丈夫だよ”と声をかけても寝ないでずっと探していた。連絡がついたのは翌日だったそうです。どこにいるのか聞いても『1億円渡さないと死ぬ』『あなたのイメージを壊すことを世間に話す』という脅しのような内容のことを口走ったそうです。遺書には一体何が書かれていたのか…」(前出・船越家の知人)

 その一方で電話で溜飲を下げたのか、松居はブログを再更新するなど正常さを取り戻していた。

「だけどその直後、また松居さんから再び自殺予告の連絡が入ったそうです。『私は睡眠薬を大量に持っている』と。メッセージを聞いた船越さんは仕事の疲れと松居さんによる心労が重なって倒れてしまいました。当の松居さんは2度の自殺未遂騒動後、何食わぬ顔で自宅に戻りました。またもや信じられない思いをした船越さんは、もうこれ以上は無理だと考え、弁護士を立てた離婚調停に踏み切ったんでしょう」(前出・船越家の知人)

 それから船越は弁護士に相談し、離婚調停の申立書を作成し始めたという。

※女性セブン2017年7月20日号